証人喚問のようす

証人喚問(しょうにんかんもん)

国会のニュースなどでこの言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。それに加えて、あなたは「参考人招致」と「証人喚問」の違いなどは知っていますか?難しい政治用語、社会人として知っておかないと恥ずかしい思いをするかもしれません。
ここで詳しく見てみましょう。

[adstext]
[ads]

証人喚問の意味とは

証人喚問とは、国会が議員などの不正や疑惑を解明するために、国政調査権を行使して強制的に証人に出頭させて真実を問いただすことを指します。

証人喚問の由来

証人喚問においては、虚偽の申告や不当な出頭拒否には厳しい処罰が待っています。しかし、真実を語ることで減刑などが望める可能性のある裁判とは違うので、証人喚問を行っても「何も話さない」ということになることも多々あります。

証人喚問の文章・例文

例文1.証人喚問を行ったが、当の本人は黙秘しているだけだった。
例文2.証人喚問を行っても話さない、という一連のルーティーンができてしまっている。
例文3.この証人喚問によって真実が明らかになるだろう。
例文4.証人喚問と参考人招致とは、任意であるかどうかが違う。
例文5.証人喚問には強制権が発動するので、気を付けなければならない。
最近の国会において、証人喚問を行ったとしても何も真実を話さないという場合も多くあります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

証人喚問の会話例

  • 質問者アイコン

    証人喚問によって呼び出された人って何も話さないのはなんでなんだろう。

  • 回答者アイコン

    裁判とは違って、話しても減刑とかのメリットがないからでしょう?参考人招致みたいに任意じゃないから行かないといけないし。

  • 質問者アイコン

    まずは、そんなことにならないようにしてほしいんだけどね。でも、話さないならこの疑惑についてなにもわからないじゃないか。

  • 回答者アイコン

    よくみる国会の姿でしょう。政治不信もどんどんうなぎのぼりね。

国会において、証人喚問はとても重要な調査なのですが、それが機能していないことも事実です。

証人喚問の類義語

証人喚問の類義語として、「参考人招致」「裁判」などがあげられます。

証人喚問まとめ

証人喚問によって事実を話すメリットがない限り、なかなかその人が真実を述べることは難しいでしょう。そして、その証言がないために、なあなあになって疑惑が闇に葬られることもたくさんあります。
そういったことができないように、こういった仕組みについても改善の余地があるのではないでしょうか。
このようなニュースで取り上げられる単語の意味をあなたはすべて正しく知っているでしょうか。これを機に政治用語について調べてみてはいかがでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事