訴訟ファンド(そしょうふぁんど)

訴訟ファンドとは、賭博に非常に近い意味合いを持つもので、大型の訴訟の原告に投資をするものです。詳細については後ほど解説していきますが、現在は日本にはなく、いずれは日本にも上陸して証券化されると言われています。それでは今回は、そんな「訴訟ファンド」について解説していきます。

[adstext]
[ads]

訴訟ファンドの意味とは

訴訟ファンドとは、大型訴訟の原告に投資をすることです。本来は投資や賭博という意味合いではなく、訴訟において当事者以外の第三者として訴訟の費用を提供するものです。勝訴の場合は利回りが約20~30%になると言われていますが、敗訴の場合は元本ごとなくなります。また、和解の場合は、賠償金や和解金が支払われる時には、一定割合を第三者も受け取ることができます。訴訟ファンドは資金の提供をを訴訟当事者に対して行う際は「Alternative Litigation Finance」、資金を提供する対象の範囲が弁護士や弁護士事務所まで拡大した際は「Third Party Litigation Finance」と表記されます。

訴訟ファンドの由来

訴訟ファンドは結構昔からありました。その理由としては、訴訟で有望な流れを展開している法律事務所に、訴訟の判決が出るまでの運転資金として提供するという仕組みでした。ただ、それは銀行が業績や財務諸表に基づいて訴訟の勝ち負けも見込んで資金を提供していたため、実際には銀行が企業に融資を貸しているのとほぼ同じ意味でした。しかし、ここ数年に、アメリカでは民事訴訟の賠償額が非常に高額になり、現在の訴訟ファンドというものになったと言われています。

訴訟ファンドの文章・例文

例文1.訴訟ファンドに投資した訴訟で負けてしまい、かなり損してしまった。
例文2.訴訟ファンドが主流になったのは、アメリカのテロの訴訟からとも言われている。
例文3.いずれ日本でも訴訟ファンドの証券が買えるようになるかもしれない。
例文4.訴訟ファンドは低金利社会の今、一見魅力的ではあるがハイリスクのためおすすめはあまりできない。
例文5.海外で訴訟ファンドに投資をしようか迷っている。
訴訟ファンドを使った例文になります。いずれ日本にも上陸すると言われており、証券として一般の人でも買えるようになるかもしれません。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

訴訟ファンドの会話例

  • 質問者アイコン

    この間の裁判は驚きだったね。

  • 回答者アイコン

    まさか新たな証拠が出て判決が覆るとは思わなかったよ。

  • 質問者アイコン

    もし訴訟ファンドが日本にもあれば、かなりの金額が動いていただろうね。

  • 回答者アイコン

    そうだね、でも訴訟ファンドってちょっと怖いよね。

判決が新たに覆った裁判について話している様子です。

訴訟ファンドの関連語

訴訟ファンドの関連語には、「投資」「賭博」などがあげられます。

訴訟ファンドまとめ

訴訟ファンドとは、大型の訴訟の原告に、当事者以外の第三者として訴訟の費用を提供するもので、もしも原告が勝訴の場合は利回りがついて手元に戻り、敗訴の場合は元本ごと失うという、賭博に近いもののことでした。いまは日本にはありませんが、いずれ日本にも上陸すると言われています。興味のある方は投資感覚で証券を購入してみても良いと思いますが、賭博のような意味合いも強いので注意が必要です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事