マーケティングにおいて訴求は重要な要素だ

訴求(そきゅう)

訴求」という言葉の意味をご存知でしょうか?主にマーケティング分野で使われることの多い言葉ですが、意味を知っておいて損はない言葉です。今回はそんな「訴求」について詳しくご紹介していきます。

[adstext]
[ads]

訴求の意味とは

訴求」とは、主にマーケティングにおいて、広告や宣伝で消費者のの心に働きかけて商品やサービスを購入するよう訴えかけることです。

訴求の由来

訴求」は本来「訴えて要求する」という意味ですが、マーケティングの分野において消費者に購買意欲を起こすよう訴えかけるという意味で使われることが多いです。
また、「訴求力」とは宣伝や広告でターゲットとなる消費者層へ効率的・効果的に到達して購買意欲を喚起させる度合いの事を指します。
つまり、「訴求」とは、ターゲットとなる消費者に対して商品やサービスを買ってほしいと「アピール」することだと言い換えられるでしょう。

訴求の文章・例文

例文1.このキャッチコピーは訴求性が高そうだ。
例文2.人気モデルを起用した新しいCMは訴求効果が期待できる。
例文3.この商品の訴求ポイントはなんといっても安いということです。
例文4.オーガニック素材を使った服は安心性が高いため、母親たちへ訴求できると考える。
例文5.より効果的な訴求点を考え直す必要がある。
いかに消費者に「買いたい」と思わせるかが重要なカギです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

訴求の会話例

  • 質問者アイコン

    新商品のワイヤレスイヤホンの訴求対象は20代~30代の人たちだと考えています。

  • 回答者アイコン

    はい。そしてこの丸みのあるかわいらしいデザインは女性ウケがいいと思うので、20代~30代の女性により効果的に訴求できると思います。

  • 質問者アイコン

    なるほど。なら、カラーバリエーションをもっと豊富にすべきだな。

  • 回答者アイコン

    そうですね。今年のトレンドカラーなど入れると効果はさらに上がると考えられます。

訴求対象や訴求点を明確にすることで、戦略が立てやすくなります。

訴求の類義語

訴求」と関連する言葉には、「アピール」「需要喚起」「購買意欲」などがあります。

訴求まとめ

今回は「訴求」について詳しくご紹介していきました。
訴求」はマーケティングにおいて重要な要素の1つで、ターゲット層に効果的に訴求することで売り上げにつながります。
分野によってはあまり使う機会がない言葉かもしれませんが、知っていて損はない言葉だと言えるでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事