討論をする人たち

討論(とうろん)

人と会話をする上で、自身と相手の意見が別れた時どうしていますか?もう話題に出さないというのも一つの手ですが、多くの人は意見をぶつけ合う討論をするのではないでしょか。初めは小さな討論のはずだったのにヒートアップしてしまい収集がつかなくなってしまったなんてこともよくある話ですね。そんな討論とはどういう話し合いのことを指すのか、意味や使い方を解説していきます。

[adstext]
[ads]

討論の意味

討論とは、その問題や議題について是非を議論すること、もしくは一定の議題について意見を戦わせることを指しています。
つまり討論というと少し喧嘩のような激しい言葉のぶつけ合いをイメージされる方がいるかもしれませんが、そうなってしまうこともありますが、基本的には一つの議題に対してどちらの意見がいいか話し合うことを言うようです。

討論の由来

明治10年代より、英語の論ずると言う意味の「debate(ディベート)」の訳で使われるようになった言葉だそうです。意味の方でも紹介しましたが特定の場で互いの意見、論を戦わせるものであることを指しています。

討論の文章・例文

例文1.犬派の僕と猫派の彼女とでペットを飼うならどちらが良いか討論をした結果、彼女も犬の魅力をわかってくれて犬を飼うことになった
例文2.どっちが提案した旅行プランにするか討論していたら気づけば日を跨いでいた
例文3.討論していたらヒートアップしすぎて何について話していたか忘れた
例文4.芸能人が一つの議題について良し悪しを討論する番組が僕は好きだ
例文5.激しい討論の末に妻が荷物をまとめて家を出てしまった
論を戦わせることを意味していると知るとやはり激しい言葉のぶつけ合いをイメージしてしまいそうですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

討論の会話例

  • 質問者アイコン

    昨日の会議はなかなか上手くいったよ。

  • 回答者アイコン

    そうなの?よかったわね。
    昨日ウンウン言って悩んでたから安心したわ。

  • 質問者アイコン

    実は課長と意見が割れちゃってたんだけど、会議で討論をした結果、過半数が僕の意見に賛同してくれたんだ!後から課長も考え直して評価してくれたみたいで、帰りに褒められちゃった!

  • 回答者アイコン

    ちゃんと意見が言えたのね!本当に良かった!

相手が納得した上で意見を変えてくれてやっと討論の結果が出ます。

討論の類義語

討論の類義語は「討議」「ディスカッション」など相手と話し合うような言葉が挙げられます。

討論まとめ

討論をする上で注意するべき点は、ただ自分の意見を相手にぶつけ、言い負かそうとしていないかと言うことです。討論の目的は相手が折れるように仕向けることでなく、どちらの意見も聞き入れられる状況で、検討を重ねて結論を出すことです。納得をして相手の意見に沿うか、どちらの意見も取り入れた別の結論を出すか、と言うことになります。なかなか相手の意見を受け入れると言うのは難しい場合が多いかもしれませんが、目的のために誰かが妥協するより満場一致で良いと思える結果をだ出るような討論をしてくださいね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事