菅野マスク(すがのますく)

「菅野マスク」とは「巨人の菅野投手と介助犬協会によるコラボマスク」です。チャリティ活動に積極的なスポーツ選手は大変印象が良いですが、菅野投手は長年に渡り介助犬協会の普及活動に取り組み、その一環として誕生したグッズが「菅野マスク」とファン達が呼んでいるコロナ対策のマスクです。

[adstext]
[ads]

菅野マスクの意味とは

「菅野マスク」の意味は以下の通りとなります。
 (1)巨人軍の菅野投手と日本介助犬協会のコラボ商品の一つであるマスクの呼び名で、菅野投手の背番号18がデザインされファンの間では人気となっている。
 (2)読売ジャイアンツ・菅野投手は長年に渡り介助犬協会を支援していて、2021年はコラボTシャツやパーカーにコロナ対策のマスクなどがチャリティ販売され売上は介助犬育成や普及に充てられるが、そのマスク商品の愛称。
「菅野マスク」とは巨人軍を代表するエースである菅野智之投手と社会福祉法人日本介助犬協会がコラボしたコロナ対策を兼ねたマスク商品に対する愛称で、他にもTシャツやパーカーやトートバッグなどが東京ドームや介助犬協会HPで購入可能です。コロナ禍という事もありどうしてもマスクの注目が集まる昨今なので、菅野投手の背番号18と「EVER HIGHER」のロゴが入ったデザインがファンの間で関心が高く、カラーもブラックとグレーの2種類が用意され人気商品となっています。菅野投手と介助犬の関係は深く、2015年から支援活動を続けそこから誕生したコラボのチャリティグッズが今回の「菅野マスク」を含めた一連の商品です。SNS上ではファンによる「菅野マスク」の画像や発言も多く、東京ドームなどで試合観戦を楽しむファンも着用しています。

菅野マスクの由来

「菅野マスク」は上記の通り巨人・菅野投手と介助犬協会のコラボ商品で、その中のマスクと菅野投手を掛け合わせて呼ばれています。

菅野マスクの文章・例文

例文1.東京ドームの近くを歩いていたら、巨人ファンが菅野マスクを着けていた。
例文2.アベノマスクがあまりにも陳腐なので菅野マスクは何百倍もマシに見える。
例文3.菅野マスクが話題になるまで、菅野投手が介助犬協会にここまで積極的に活動支援をしているとは知らなかった。
例文4.有名人や著名人は影響力が大きいので、菅野マスクのようにボランティアやチャリティに協力するのは素晴らしい事だ。
例文5.巨人ファンの姉が着けているのは当然ながら菅野マスクである。
「菅野マスク」を肯定的に扱った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

菅野マスクの会話例

  • 質問者アイコン

    そのマスク似合っているね。それにナンバー入り?

  • 回答者アイコン

    いいでしょう。これは私が大ファンな巨人の菅野投手のマスクよ。だから菅野マスクって呼ばれているの。

  • 質問者アイコン

    なるほどねー。ナンバーは背番号って事ね。でもカッコいいよ。色も黒だしね。

  • 回答者アイコン

    そうだ。また菅野マスクを買おうと思っていたから、そしたらあげるよ。一緒にお揃いにしようよ。

巨人ファンの彼女とその彼氏の会話内容です。

菅野マスクの類義語

「菅野マスク」の類義語には、「アベノマスク」「不織布マスク」「布マスク」などの言葉が挙げられます。

菅野マスクまとめ

「菅野マスク」は巨人軍の菅野投手と介助犬協会がコラボしたグッズ販売の1つで、菅野投手の背番号18や「高みを目指す」という意味の「EVER HIGHER」とマスクにデザインされ、ファンからも注目商品として人気を集めています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事