芥川賞(あくたがわしょう)

「芥川賞」とは「純文学の新人作家が受賞する、文学作品で最も品位と知名度がある日本最高峰の文学賞」です。普段本を読まない人でも「芥川賞」と言えば作家が手にする最高の名誉と認知されるほど、誰もが知っているのが「芥川賞」です。基本的には「直木賞」とセットで発表されるので、この二つの受賞作を毎回楽しみにしている本好きも多いと思います。受賞すれば作家として箔が付き、一流文豪への仲間入りともされる「芥川賞」について自論も含めた解説となります。

[adstext]
[ads]

芥川賞の意味とは

「芥川賞」の意味は以下の通りとなります。
(1)正式名称「芥川龍之介賞」で、略した通称が「芥川賞」。
(2)近代日本を代表する小説家・芥川龍之介の業績を記念して、1935年から「直木三十五賞」(直木賞)と同時に創設された無名や新人の作家に与えられる大変名誉な文学賞。
(3)毎年2回発表される純文学を対象にした新人作家の文学賞。
「芥川賞」は日本で最も有名な小説家の一人である芥川龍之介の名前を貰って付けられた主に純文学の新人作家を対象とした文学賞です。日本国内だけでも「芥川賞」「直木賞」を始めとして、野間文芸賞・日本芸術院賞・川端康成文学賞・太宰治賞などから最近では本屋大賞など様々な文学賞が存在しますが、最も権威や品位や歴史があり作家にとってもステータスとなるのが「芥川賞」で、次に「直木賞」というのが世間の共通認識です。「芥川賞」と「直木賞」は毎年2回1月と7月に発表され、特徴としては新人や無名作家の純文学で比較的に短い作品が対象条件となり、毎回5作品程度が候補作としてノミネートされその中から1作品(稀に2作品)が「芥川賞」を受賞し、正賞は懐中電灯、副賞は賞金100万円が贈られます。受賞した作家は記者会見をするのが定番なのでニュースなどで必ず報道されるので、一夜にして全国的な知名度を獲得し有名作家への仲間入りを果たします。このような点が他の文学賞との大きな違いで、普段は本を読まない人でも「芥川賞」と「直木賞」の作家は認知していたりします。そして「芥川賞」を受賞すると、当然ながらその本は大セールスを記録し、また取材やインタビューも多くなり、さらには映画・ドラマ化やテレビ番組出演と目まぐるしい展開を起こします。その一方で、近年は本が売れない時代となり本屋の閉店も全国で相次いでいます。その歯止めをかける目的が「芥川賞」にはあり、本来の素晴らしい文学を称える賞という目的から乖離して、話題作りとして有名芸能人や若い女性作家の作品をまるで無理やり候補作に押し込み、そのまま受賞させているとヤラセ疑惑が強く根付いています。特に純文学を扱った作品とは一般の人にとっては敷居が高く面白味に欠ける事も多く、普段本を読まない人が「芥川賞」の受賞作品だからと興味本位で購入し読むと、その落差から退屈な駄作と感じやすいのです。そこにネームバリューだけある芸能人作家の本となると、ネット掲示板やSNSに嫌味の一つも書きたくなるのが心情なのでしょう。一概に芸能人作家だからと否定は出来ませんが、選考委員が出版社や芸能事務所に忖度をする可能性もあり、何より昔ながらの本好きは「芥川賞が地に落ちた」と感じているのも紛れもない事実です。

芥川賞の由来

「芥川賞」は上記の通り小説家・芥川龍之介の業績を称えて設けられ、1935年から始まりました。

芥川賞の文章・例文

例文1.芥川賞を受賞した作品も数年後には中古本屋でワゴンセールで販売されている。
例文2.男性なら芥川賞よりも直木賞作品を購入する方が面白くて読後感も良い。
例文3.昔は作家といえば風変わりな変人が多かったが、最近は真面目な本好きが作家になったという感じで、そんな人が芥川賞などを受賞するようだ。
例文4.過去を調べて、二重投稿で芥川賞を受賞していたものがあったらちょっと面白い。
例文5.芥川賞は大変名誉だが、あまりにも若い新人作家に無理やり受賞させると、その後の作家人生にとって重荷となってマイナスに作用する気がする。
やや否定的に「芥川賞」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

芥川賞の会話例

  • 質問者アイコン

    明日、リサイクルショップに行くの付き合ってよ。不用品を処分したいんだ。

  • 回答者アイコン

    それならネットで売らない?

  • 質問者アイコン

    ネットだと売れるまで時間かかるじゃん。CDやゲームや本を一気に処分したいんだよ。例えばこの本とか、もう読んだから売りたいし。

  • 回答者アイコン

    それって芥川賞を受賞した本よね。売っちゃうの? 勿体ないなー。

リサイクルショップに行く約束をしている夫婦の会話です。

芥川賞の類義語

「芥川賞」の類義語には、「直木賞」「H氏賞」「角川短歌賞」「城戸賞」「岸田國士戯曲賞」などの言葉が挙げられます。

芥川賞まとめ

「芥川賞」は芥川龍之介を記念した純文学の新人賞です。文学の世界で最も有名であり権威ある賞で、過去の受賞者を見ても錚々たる有名作家が名を連ね、現在でも候補作にノミネートされるだけでも大変名誉な事です。基本的には新人作家の登竜門という位置付けで、また素晴らしい純文学を大勢の人々に紹介し届ける役目がありますが、昨今は芸能人や女性作家を重要視するなど批判の声が一部から出ているのも事実です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事