色気よりも食い気でまずは食事をするカップル

色気より食い気(いろけよりくいけ)

皆さんは食べることは好きでしょうか。人にはいろいろな欲望があると思いますが、その中でも色欲より食欲が勝る人を表す言葉として「色気より食い気」という言葉があります。今回はそんな色気より食い気という言葉について説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

色気より食い気の意味とは

色気より食い気とは外見などの容姿よりも内実や利益を優先するさまを意味する言葉です。また文字の額面通りに色気よりも食欲を優先するという意味も含まれています。

色気より食い気の由来

色気より食い気は、容姿端麗で異性の気を引く色欲より美味しいものを食べたいという食欲が強いということに由来していると言われています。

色気より食い気の文章・例文

例文1.色気より食い気である彼女は結婚をする際にお金のことばかり気にしている。
例文2.私の妹は色気より食い気で、食べることがとても好きである。
例文3.色気より食い気を優先してしまい、彼氏に振られてしまった。
例文4.あまいものに夢中な彼女は色気より食い気が勝っている。
例文5.色気より食い気が過ぎる彼は、仕事に全力で打ち込んでいる。
これらから色気より食い気は、食べることに夢中な人の状態を表す言葉としては最適です。また、食欲以外にも利益であったり、内実であったりが勝るということを表す際にも使うことができるので幅広く使うことができる言葉ということがわかると思います。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

色気より食い気の会話例

  • 質問者アイコン

    そういえば彼女に恋人ができたってほんとうかい。

  • 回答者アイコン

    そうなんだよ。色気より食い気が勝る彼女だけど性格もよくて気も使えるし、相手のことを思うことができるいいところがあるからね。

  • 質問者アイコン

    そうなのかい。それは彼氏ができるのも納得だよ。

  • 回答者アイコン

    そうだね。とても幸せそうで友達の僕にとってもうれしい限りだよ。

このように色気より食い気は、主に女性に対して使われることが多いです。

色気より食い気の類義語

色気より食い気の類義語には、「花より団子」「花の下より鼻の下」「名誉はいらぬから金をくれ」などがあります。

色気より食い気まとめ

色気より食い気という言葉は、ビジネスシーンでは使われることはほとんどありませんが、日常会話では使えることもあると思うのでぜひ意味を覚えておいてください。また、類義語である花より団子はドラマ、映画なっている少女漫画のタイトルとしても有名であり、意味を知っておいて損のない言葉なので合わせて覚えておけるといいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事