自己破産してしまった人

自己破産(じこはさん)

最近のテレビCMなどにおいて、債務整理などの広告が増えてきました。しかし、ひとによっては膨らんでしまった借金を返済することができないので、自己破産という措置をとることになります。
自己破産をした場合、勤務先や学校などの近いコミュニティの人に知られてしまったり、選挙にいくことができなかったり…といったことがうわさされていますが、そういったことはありません。
今回は自己破産について詳しく見てみましょう。

[adstext]
[ads]

自己破産の意味とは

自己破産の意味とは、借金などによって経済的に立ち行かなくなった人が裁判に申し立てを行うことで財産を清算する手続きのことを指します。
この申し立てにより、破産手続きに関する決定と免責の決定も得られると、晴れて借金を返済する義務から免れることができるのです。

自己破産の由来

自己破産は、支払い不能であれば誰であっても自己破産を申し立てることができ、賃金業者からの取り立てが止まります。お金にかわりそうな土地や車などは処分されますが、99万円の現金などは生活するのに必要最低限の財産として持つことができます。
デメリットとしては、クレジットカードが一定期間使えなくなること、住所氏名が「官報」という機関紙に記載されること、免責決定を受けるまで一部の職業には就業することができないことが度が挙げられます。

自己破産の文章・例文

例文1.自己破産によって、クレジットカードが使えなくなってしまった。
例文2.兄が自己破産したことによって、連帯保証人である私に賃金業者の取り立てが始まった。
例文3.自己破産をしたからといって、学校や職場に知られることはない。
例文4.自己破産は、今まで培っていた信用と信頼が崩れてしまう一端になってしまう。
例文5.債務整理をすることによって、自己破産はしなくてすんだ。
自己破産についてネガティブなイメージがとても多いですが、一度弁護士に相談することが一番です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

自己破産の会話例

  • 質問者アイコン

    ごめんよ…借金で首が回らなくなってしまったんだ。もう俺もこのままだとじり貧で死んじまうよ。

  • 回答者アイコン

    そんなに借金で困っているんなら、自己破産したほうがいいんじゃないか?私たちのことは気にせずにさ。

  • 質問者アイコン

    でもでも、そうすると今までの家の名誉にかかわることに…

  • 回答者アイコン

    そんなもので生きていく世の中じゃなくなったからね。大丈夫だよ。手続きしておいで。

債務の金額にもよりますが、経済的に困窮してしまうような多額の借金をしてしまった場合には、自己破産という道もあることを知っていてほしいです。

自己破産の類義語

自己破産の類義語として、「個人再生」「債務整理」などがあります。

自己破産まとめ

自己破産をしたからといって、周囲の人間にすぐにばれてしまうといったことがよくうわさされています。しかし、記載されるのは基本的に「官報」という国が発行する機関紙なので、実際にチェックしている人はほんの一握りしかいないでしょう。
では、自己破産をするかどうかで悩むポイントはどこにあるのでしょうか。それは、自己破産をすることによって、クレジットカードが使えなくなることや、家のローンが組みにくくなってしまうことです。
このデメリットで悩む人が多く存在します。しかし、そんな状況に陥ってしまったときにそんなことを言っていられるでしょうか。そのときの優先順位ではなく、その人の先の人生も見据えたうえで決断していただきたいです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事