オリンピックを象徴する聖火リレー

聖火リレー

聖火リレーはオリンピックの前になると毎回するのが恒例になっており、ほとんどの方が聖火を持って人が走っているのを見たことがあると思います。しかし聖火を持って走ることしか知らず、その意味を考えたことはあまり無いのではないでしょうか?いつから始まってどんな意味があるのか。今回は知ってるようで知らない聖火リレーについて徹底解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

聖火リレーの意味とは

聖火リレーとは、ギリシャのオリンピア遺跡というところで太陽を利用して採火された聖火を、ランナーによってオリンピック開催地まで届けるための儀式のことを言います。聖火ランナーにはスポーツ選手や著名人だけでなく一般人も参加していますが、第一走者のはギリシャの人が、第二走者には開催国の人が走るのが通例となっています。また、最後に聖火台に火を灯すのは開催国の有名なスポーツ選手が務めることになっており、近年では点火の仕方にも矢を使ったりと様々な方法が使われるようになっています。

聖火リレーの由来

聖火リレーはオリンピックが始まった時に一緒に起こったものではなく、1928年に建築家のヤン・ヴィルズがアムステルダムオリンピックの時に塔を入れ火が燃え続けるというアイディアを組み込んだのがきっかけで、これが注目を浴び以降のオリンピックで使用されるようになりました。

破落戸の文章・例文

例文1.聖火リレーが始まり、オリンピックもいよいよ始まる
例文2.聖火リレーの走者に選ばれた
例文3.1964年の東京オリンピックの最終走者は坂井義則さんだった
例文4.聖火リレーコースを走ってみた!
例文5.聖火リレーが延期となった
聖火リレーが始まるとオリンピックが近づいた来たことを実感しますね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

聖火リレーの会話例

  • 質問者アイコン

    今年はオリンピックの年だね

  • 回答者アイコン

    そうだね!開会式のチケットも取れたし楽しみだわ

  • 質問者アイコン

    知り合いも聖火リレーの走者になったし聖火引継式も楽しみだね

  • 回答者アイコン

    今回は特別心に残るオリンピックになりそうね!

聖火リレーは国籍も関係ないので一回応募してみるのも、いいかもしれませんね。

聖火リレーの類義語

聖火リレーの類義語には、「採火式」も含め「オリンピック聖火」と呼ばれるものがあります。

聖火リレーまとめ

聖火リレーは一人の建築家によるアイディアで始まった、オリンピア遺跡から聖火をオリンピック会場まで届けるリレーのことでした。一般の方も参加でき、また開会式での点火方法も色々と変わってきているのでオリンピックごとに聖火リレーに注目してみるのも面白いかもしれませんね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事