罪を憎んで人を憎まずの心で人を許す

罪を憎んで人を憎まず(つみをにくんでひとをにくまず)

罪を憎んで人を憎まずとは、犯した罪を憎んではよいが、罪を犯した人は憎んではいけないという教訓です。理由としては、その罪を犯した人にも何らかの事情や背景があるからということです。確かに罪を犯した人を恨むあまり、自分も罪を犯してしまうということもあります。だからこの言葉が使われるようになったのです。今回は、そんな罪を憎んで人を憎まずという言葉について見ていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

罪を憎んで人を憎まずの意味とは

罪を憎んで人を憎まずの意味は、犯した罪を憎んではよいが、罪を犯した人は憎んではいけないという教訓です。これは、教えなので心に留めておくこと大事です。もし、罪を憎むことがあったとしても人を憎んではいけないのです。

罪を憎んで人を憎まずの由来

罪を憎んで人を憎まずの由来は、中国の書物である「孔叢子」にあると言われています。その書物の中に罪を憎んで人を憎まずという言葉があり、今日でも使われるようになったと考えられています。

罪を憎んで人を憎まずの文章・例文

例文1.罪を憎んで人を憎まずというように相手のことを憎んで復習しようとしてはいけない。
例文2.相手に止む終えない事情があったので、罪を憎んで人を憎まずというように人まで憎むことはいけない。
例文3.罪を憎んで人を憎まず。その言葉を知っているが、相手のことを許せるほどできた人間ではない。
例文4.他人の過ちでこれ以上他の人が悲しまないように罪を憎んで人を憎まずとなるように取り組みを始める。
例文5.罪を憎んで人を憎まずというように彼女の行いは確かに悪いことであるが許して上げるべきだ。
これらから罪を憎んで人を憎まずという言葉は、罪を憎んでもいいが、人を憎んではいけないことを表すのには最適です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

罪を憎んで人を憎まずの会話例

  • 質問者アイコン

    罪を犯してしまったのは彼だけど、そんな状況に彼を追い込んだ大人たちや周りの環境が良くなかったと思うよ。

  • 回答者アイコン

    この前のニュースのことだろ。うん。僕も同じことを思うよ。

  • 質問者アイコン

    罪を憎んで人を憎まずだよね。同じことが起きないためにも、そういう状況に置かれた彼のような子どもたちをどうにか救ってあげることはできないのかな。

  • 回答者アイコン

    そうだね。もしも僕たちにできることがあるなら始めていこう。

これは、周囲の環境が影響して犯罪を犯してしまった子供のことについて話している様子です。

罪を憎んで人を憎まずの類義語

罪を憎んで人を憎まずの類義語には、「其の罪を悪んで其の人を悪まず」「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」「不倶戴天」などがあります。

罪を憎んで人を憎まずまとめ

確かに罪を憎んで人を憎まずとはいいますが、罪を犯すことも犯した人も許されるべきではないと思います。罪を犯した人は憎まれて当然であり、それだけの行いをしたのです。ただ、だからといってその罪を犯した人やその周囲の人に危害を加えることはあってはならないと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事