緊急地震速報が鳴った

緊急地震速報(Earthquake Early Warning)

日本は世界でも珍しい大きなプレートが複数重なる上にできている土地柄であるゆえに、歴史的にみても多くの地震災害が観測されています。その中で今日重要視されてひとつとして「緊急地震速報」があります。地震という災害に対応するためには欠かせないものですね。そんな「緊急地震速報」について解説をしていきたいと思います。

緊急地震速報の意味とは

緊急地震速報とは、実際に地震が発生してから揺れが到達するまでの数秒前にアラートを鳴らして予報するためのシステムです。これは地震早期警報システムの一つで、気象庁が中心となって提供されています。ちなみに、英称は「Earthquake Early Warning(EEW)」と呼ばれています。

緊急地震速報の由来

このシステムは、2004年に試験的に一部で導入が開始され、2007年には一部を除いた地域で国内のほぼ全域を対象とした運用が開始されました。

緊急地震速報の文章・例文

例文1.緊急地震速報が鳴っている
例文2.緊急地震速報が鳴ったということは、地震が来るぞ
例文3.緊急地震速報のおかげで、事前に身構えることができる
例文4.緊急地震速報に不具合が起きたら不安だ
例文5.緊急地震速報が鳴ったら対応できるようにいつでも準備しておこう
実際に緊急地震速報が鳴ってから、簡単な逃げる準備や隠れることができるくらいの時間はあるので、日本人にとっては欠かせないものですね。

緊急地震速報の会話例

  • 質問者アイコン

    緊急地震速報が鳴ったから、急いで避難しよう!!

  • 回答者アイコン

    そうですね!
    早くしないと地震が来ちゃいますね!

  • 質問者アイコン

    ・・・あまり大きな地震じゃなくて助かったね。

  • 回答者アイコン

    仮に大きな地震だったらと思うと、緊急地震速報があってよかったです。

言葉としては、実際に地震が起こった際にはよく聞きますが、それ以外で耳にすることは少ないかもしれませんね。

緊急地震速報の類義語

モノとしての類似するようなものはありませんが、言葉としては「地震予報」や「地震情報」、地震以外であれば「津波警報」といった、〇〇警報や〇〇予報といったものはたくさんありますね。

緊急地震速報まとめ

日本はその土地の性質上、緊急地震速報がかなり重要視されます。滅多になることはないですが、これを機に地震への関心を傾けて、地震発生時に対応できるようになってもらえるといいですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事