彼女は継室です

継室(けいしつ)

もしかしたら歴史の教科書や漫画、映画などで継室と聞いたことがあるかもしれません。王の妻を指す言葉となりますが、正室側室とどう違うのでしょう、またこの継室の由来とはどのようなものなのでしょうか。
「継室」の意味や例文などを詳しく解説していきます。

継室の意味とは

「継室」とは、最初の正室との死別や離婚を受けての当主の正式な再婚により迎えられた後妻を指します。正室と同じく、日本の歴史において身分の高い者が継室となる場合が多くあります。一般的に誤解されがちだが、寵愛深かった側室正室の死後(もしくは離婚後)継室として格上げされるという例は、日本の奥方のありようから可能性が低く事例としては少ないです。江戸時代において、側室から継室への昇格については徳川将軍家や皇室ではほぼ見られないが、諸藩では各大名家の方針や時代により行われる場合がありました。

継室の由来

継室の由来は、正室に継ぐ妻のことから「継室」と言われるようになりました。継室は、正室の後釜に来る人ということもあり、身分の高い女性と政略的に結婚する事が多くあります。徳川家康正室の築山殿を亡くしてから、豊臣秀吉の妹「旭」を継室にもらい政略結婚を行っています。他にも様々な武将が政略結婚を行っています。

継室の文章・例文

例文1.正室の離婚を受けて継室になります。
例文2.正室の次の正式な妻が継室です。
例文3.側室から継室として格上げされる場合もあります。
例文4.徳川将軍家の王室では側室から継室への格上げはほとんどありませんでした。
例文5.正室を陥れ継室に成り上げる女性もいます。
「継室」に関する一般的な例文です。

継室の会話例

  • 質問者アイコン

    昔の大名や武将の妻は正室って呼ばれているけど、正室が亡くなったり離婚した場合はどうなるか知ってる?

  • 回答者アイコン

    知ってるよ!正室がいなくなった場合は継室っていう後から継ぐ女性が正式な妻になるそうだよ。

  • 質問者アイコン

    そうなんだ。やっぱり継室は愛人として接していた側室の人がなったりする事が多いのかな?

  • 回答者アイコン

    そういう場合もあるらしいけど、徳川将軍家の王室では側室から継室への格上げはほとんどなかったらしい!

「継室」に関する一般的な会話です。

継室の類義語

「継室」の類義語には「正室」や「側室」などが挙げられます。

継室まとめ

「継室」についてお分かり頂けましたでしょうか。以上のことから「正室」が亡くなったり離婚した場合は、再び「正室」になるのではなく「継室」として次の妻が迎えられる事がお分かり頂けた事でしょう。「継室」は「正室」ありきの言葉ですので「正室」を調べた後に「継室」の解説を見るとより理解が深まります。興味がありましたら「正室」「側室」についても調べてみましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事