精神一到で目的を成就する

精神一到(せいしんいっとう)

皆さんは、普段ならできないことを途轍もない集中力でやり遂げた経験が一度はあるのではないでしょうか。どんな難しいことでも精神や神経を集中させれば、普段以上の力を発揮できますよね。これを四字熟語で表した言葉が精神一到です。精神一到の意味や由来、使い方などを知り、今日から精神一到を使いこなしましょう。では、精神一到の意味はどのようなものなのでしょうか。

精神一到の意味とは

精神や神経を集中させれば、どんな難しいことでも成し遂げられるということ。物事のやり方や取り組み方を考えさせる言葉と言えるでしょう。

精神一到の由来

中国のことわざである「精神一到何事か成らざらん」に由来しています。

精神一到の文章・例文

例文1.司法試験に合格すべく、精神一到して日々の努力を続けた結果、見事試験に合格することができ、日々の積み重ねの重要さを改めて実感した
例文2.小学生のてつ子は逆上がりが苦手で体育の鉄棒を使った授業は嫌いだったが、毎日放課後に精神一到して練習したら逆上がりができるようなり、今では体育の成績はクラストップである
例文3.明日の試験の結果によって単位を修得できるかが決まるため、前日に精神一到を念じ、いつもの数十倍の集中力で勉学に励んだ結果、見事に単位を修得することができた
例文4.昔から不器用でミシンで縫いものをする際に、針に糸を通すのが苦手であったが、精神一到し、時間はかかったが、無事に糸を通すことができた
例文5.今は叶うことのない夢でも精神一到し、努力を続ければ必ず実現できると信じ、精進する

精神一到の関連語

精神一到の関連語としては「無我夢中」、「一意専心」などがあげられます。

精神一到まとめ

生きていれば、必ず壁にぶつかることがあると思います。また、夢に向かって頑張っていてもつまずいてしまうことがあると思います。諦めてしまうことはとても簡単ですが、努力を続けることはとても難しいです。努力するにしても時間は有限であり、モタモタしているうちにチャンスを逃してしまうこともあるでしょう。人生でチャンスを逃さないためにも日々の努力や、日々を一生懸命生きることが大切だと私は思います。時間が有限であるからこそ、精神一到して取り組むべきです。また、だからこそ物事を成し遂げた時や、夢を実現できた時の達成感や喜びがあるのだと思います。普段から物事に集中して取り組んでいれば必ずどこかでその努力が役に立つはずです。どんなに難しいこと、実現不可能に思えることでも、精神一到の心意気によってやり遂げられるはずです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事