節分

お正月があけると気になるのは、2月のビッグイベントです。コンビニのレジ横でよく見かけるのが、鬼のお面や豆などの節分にまつわるアイテムたち。そもそも節分とは、どのような意味のある行事なのでしょうか?知っているとちょっと暮らしが楽しくなる、節分に関する豆知識をお伝えしていきます。

節分の意味とは

節分は毎年2月3日の日におこなわれています。節分は2月4日の立春を前に、心あらたに年を過ごそう…という意味がこめられています。季節の移り変わりに邪気を追い払うことで、家族みんなが笑顔で明るく暮らせるようになります。節分の日には恵方巻と呼ばれる太巻きを食べ「鬼はそと!福はうち!」と言いながら炒った豆を家の中と外にまきます。豆は数え年の数だけ食べるのが習わしで、現在の年プラス1つ多く食べることがおすすめです。

節分の由来

節分は2月4日の立春の前日に、定められています。暦の上で立春は春の訪れをあらわしていて、厳しくつらい冬が終わりを告げるサインをあらわしています。昔の人は季節の移り変わりに邪気があらわれると考えていて、これを追い払おうという目的で生まれたのが節分です。平安時代の貴族文化の中でこの考えが生まれ、現在のように庶民の暮らしに根付くようになったのは江戸時代に入ってから…といわれています。ちなみに毎年の節分に豆が欠かせないのは、穀物には神さまが宿っていると信じられていたからです。焼いたイワシとヒイラギも邪気を払うとされ、地域によってはこれらを玄関先に飾る風習もあります。

節分の文章・例文

例文1.今日は節分だから、みんなで豆をまこうね
例文2.節分用の炒り豆は、売っていますか?
例文3.児童館で節分のイベントがおこなわれた
例文4.節分にあわせて、鬼のお面を作成した
例文5.無事節分が終わり、我が家にも小さな春が訪れた
にぎやかなお正月から、約1カ月後におこなわれる節分の行事。春の訪れを予感させる大切なイベントですが、くれぐれも豆の食べ過ぎにはご用心を。

節分の類義語

2月3日の節分は、節分祭・鬼やらい・豆まきの日と呼ばれることもあります。節分は立春の前日におこなわれる邪気払いのイベントですが、立春には「土の中で寝ていた虫たちが春支度をはじめる日」という意味もあります。まだまだ体感的には寒さが残る季節ですが、暖かい春に向けて着実に物事が動き出す季節なのです。また恵方巻を食べるというのも節分の伝統になりつつあります。

節分まとめ

節分は2月3日におこなわれる日本の年中行事で、節分の夜には邪気を追い払うために炒った豆を、家の外と中にまく習わしがあります。最近では節分の日に福をまねく恵方巻を食べる習慣も、ひとつのブームになっています。家族みんなが笑顔で過ごせるように、明るい願いが込められた節分の日。悪い気を追い払い、良いパワーを取り入れたいものです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事