芍薬の花

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花(たてばしゃくやくすわればぼたんあるくすがたはゆりのはな)

とても長い花にまつわることわざです。ほとんどの方が聞いた事があると思いますが意味はご存知でしょうか、なんとなく綺麗な人というニュアンスで覚えている方が多いと思います。間違いではありませんが「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」とは厳密にどういうことを指しているのか解説していきます。

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花の意味

芍薬も牡丹も美しい花、百合は清楚な花とされています。それを美人の振る舞いや姿を鼻に見立て、形容しています。
美しい女性を表す「立てば芍薬座れば牡丹」だけの言葉も存在しています。

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花の由来

「芍薬」…すらっと伸びた茎の先に華麗な花を咲かせる
「牡丹」…枝分かれした横向きの枝に豪華な花をつける
「百合」…風を受けて優雅に揺れる様が美しい
そこから芍薬は美しい人が立っているように、牡丹は美しい人が座っているように、百合は美しい人が歩いているように見えるというところから出来た言葉という説と、芍薬は立って見るのが牡丹は座ってみるのが、百合は歩きながら見るのが一番美しく感じるという説があります。

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花の文章・例文

例文1.あの女優は本当に美しくまさに立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花だと思う
例文2.立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花のような女性になりたい
例文3.華道の先生をしている母は凛としていて振る舞いも美しいことから生徒たちから立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花だと憧れられている
例文4.昔は立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花のような女性に憧れていたが結婚した妻はがさつで憧れから程遠い存在だ
例文5.家系のせいで立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花と周りの人に言われる事にプレッシャーを感じる
立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花の例文はこのようになります。美しい女性が美しい所作をしていると本当に見とれてしまいます。

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花の会話例

  • 質問者アイコン

    君は本当に動作も顔も綺麗だなぁ。

  • 回答者アイコン

    そうですか?
    母も端正な顔立ちでしたし、華道を習っていたので自然と綺麗な所作が身に付いていたのかもしれませんね。

  • 質問者アイコン

    まさに立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花だよ。本当に僕が夫でいいのか不安になるよ。

  • 回答者アイコン

    あら、あなたがいいんですよ。お嫁にもらってくれてありがとうございます。

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花のような妻と夫の会話になります。

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花の類義語

この言葉の類義語は「エレガント」や「優雅」などが挙げられます。

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花まとめ

昔から人を動物や花、風景などの別のものに例える事が多いですが、その中でとても綺麗で所作や顔立ちの美しい女性を鼻に例えて表す昔の美しいことわざが「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」になります。
このように見た目も美しく動作も美しい非の打ち所がないような女性はたくさんの人が憧れ、こうなりたいと願い努力をしているのでしょうね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事