立ち回りを考える子供達

立ち回り(たちまわり)

ファーストパーソンシューティングというジャンルのゲームをよく親しんでいる方などには馴染みのある言葉かもしれませんね。
「どう動くか?」といった意味を表すような言葉となっています。
今回はそんな「立ち回り」という言葉について、深く掘り下げていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

立ち回りの意味とは

「立ち回り」とは、接続表現を用いる場合は「そのような立ち回り」「立ち回りを考える」といった形式で扱われる、物理的な意味であっちへこっちへ歩き回ったり、ゲームや演劇などにおいて、自らが有利になったり、よりよく見られるような振る舞い方を指し示した言葉となっています。
主に精密な動作を要求されるような戦術ゲームや、一挙手一投足の動きが非常に重要視される演劇の世界などにおいて用いられる機会が多い言葉となっています。

立ち回りの由来

「立ち回り」というこの言葉の由来。これは演じるという概念が生まれた遥か昔、踊りや舞といったものを除いた芝居における振る舞い方、動き方、そのすべてを指し示す言葉として用いられておりました。
そこから狂言の世界において、戦のシーンが含まれているなどして激しい動きが存在する作品に対して「立ち回り狂言」というような呼び方をされる様になったことから、立ち回りという言葉は演劇においては「アクションシーン」を主に指し示し、そこから転じてFPSなどのアクションゲームにおいてもよく用いられる言葉として派生していったのではないかと考えられています。

立ち回りの文章・例文

例文1.うまく立ち回る。
例文2.あの人の立ち回りは参考になる。
例文3.立ち回り。そういえばこのゲームで意識していなかった。
例文4.どう立ち回ればこの局面、乗り越えられる。
例文5.彼は最初、本当に立ち回りが下手だったが随分とうまくなったもんだ。

立ち回りという言葉は主に何かをよくしようとする際に用いられる言葉かもしれませんね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

立ち回りの会話例

  • 質問者アイコン

    佐藤さん!ボス出てきました!

  • 回答者アイコン

    どういう立ち回りでいけばいいですか!

  • 質問者アイコン

    自分は上から攻めるので佐藤さん裏に回ってください!

  • 回答者アイコン

    かしこまりました!

立ち回りは複数人で行うものにおいて、非常に重要なものであると言えますよね。

立ち回りの類義語

立ち回りの類義語としては、「八方美人(はっぽうびじん)」や「処世術(しょせいじゅつ)」などの言葉が挙げられます。

立ち回りまとめ

この立ち回りという言葉は物理的な意味だけでなく、あらゆる状況において、自分がどういう立ち位置で、どのように動くかを指し示した意味を持つ言葉であるため、様々な場面で用いることができる言葉であるとも言えるでしょう。
コミュニケーションにおいては相手との距離感や、それに応じた適切な言葉の使い方などもそれに該当すると言えるかもしれません。自分がどういう風に見られていて、どういう風に動けばいいのか、それを把握することが苦手な方は少なくないかもしれませんが、恐れていても何も変化はないので、とりあえず「自分なりの立ち回りをしてみる!」それが一番大事なことだと言えるのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事