租税環境(そぜいかんきょう)

「租税環境」とは「税金の仕組みや制度といった意味合いで、富裕層と庶民では税制度が不平等というニュアンスの言葉」です。これまでの常識だと富裕層ほど累進課税などで税負担が大きいと思われていましたが、実際のところは税制度は世界各国で違いがあり、アラブ首長国連邦やケイマン諸島などのように所得税がゼロや限りなくゼロに近い国々がいくつもあります。これらの税負担が少ない国々を賢く利用すると税支払いを逃れて、富裕層は大きな得をして儲けてしまうのです。

[adstext]
[ads]

租税環境の意味とは

「租税環境」の意味は以下の通りとなります。
 (1)税金に関する仕組みや制度の事。
 (2)大企業や富裕層などが得する現状の税制度の不満について使われる言葉。
 (3)世界中で問題となっているタックスヘイブンなど税システムを語る際に登場する言葉。
”租税”は「税金」「年貢」「祖と税」、”環境”は「まわりを取り巻く状態や世界」「周囲の境界」で、要するに税金を支払う仕組みや制度が「租税環境」です。国民の義務としての各種の税金支払いや企業が納める法人税である納税の事でもありますが、より大きな視点から世界やアジアレベルでの税金制度や金融商品の取引で儲けた際の外国人の税支払いなどで最近は何かと「租税環境」という言葉が使われています。世界の国々では税金種類や税率がそれぞれ違うので、例えば消費税(付加価値税)は欧州各国は20~25%であるのに対し、日本を含むアジア各国は5~12%程度となっています。所得税はさらに顕著で最高税率の場合は日本やドイツやイギリスなどが45%であるのに対し、シンガポールは最高22%、中東のアラブ首長国連邦やケイマン諸島の一部は驚きのゼロで所得税は1円も支払いません。このような違いは一見すると羨ましいや不公平を覚えますが、庶民にはどうする事もできないものです。しかし、株取引などで巨万の富を築いた金融系企業やGAFAなど超大企業で儲けているとこのような「租税環境」の違いをズルとは言わなくても、上手に活用する抜け道を利用できてしまうのです。それが所謂世間で何かと騒がれている「租税回避」であり「タックスヘイブン」とも呼ばれているやり方です。簡単に言うと、大企業や大儲けした個人投資家など富裕層は法人税が低い国やゼロの国に新たに法人(ペーパーカンパニー)を設立すると、日本の企業でも納税をしなくて済んでしまうのです。云わばかなりグレーなやり方で違法ではありませんが、きちんと納税の義務を果たす庶民からすると倫理的にはおかしいと思うものです。ですから、このような状態に対して改善を求め声をあげる専門家も多く、「租税環境」を新たに整えようと躍起になっているのです。

租税環境の由来

「租税環境」の由来は残念ながら不明ですが、タックスヘイブンが日本で話題になり始めたのは2007年頃以降なので、「租税環境」も同様ではないかと推測できます。

租税環境の文章・例文

例文1.我が家の家計が毎月苦しいのは、全て政治の責任で給料はまったく上がらないのに租税環境だけ厳しくなっているからだ。
例文2.日本がもう一度飛躍をするには租税環境を抜本的に変えるしかないが、財務省がまた反対をして頓挫するのは目に見えている。
例文3.世界各国がデジタル税を導入するので、これまでグーグルなどGAFAがタックスヘイブンで儲けてきた錬金術も通用しなくなり、やっとまともな租税環境になりそうだ。
例文4.租税環境を知ると世界が見えてくる。
例文5.日本人は税支払いがあまりにも多く租税環境を正しく理解する感覚が麻痺してしまった。
税支払いの制度である「租税環境」についての例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

租税環境の会話例

  • 質問者アイコン

    ところで大学では何を専攻していたの?

  • 回答者アイコン

    経営学を専攻していたので、経済や税制とかですね。

  • 質問者アイコン

    じゃあ、今の日本や世界の租税環境についても色々と言いたい事もあるんじゃない。

  • 回答者アイコン

    そうですね。これは税金だけでなく全ての法律や制度は権力者や富裕層が有利になるよう作られていて、知れば知る程不満を覚えるだけで辛いですね。

同僚男女による「租税環境」についての会話となります。

租税環境の類義語

「租税環境」の類義語には、「税金環境」「節税対策」「タックスヘイブン」「低価税地域」などの言葉が挙げられます。

租税環境の対義語

「租税環境」の対義語はありませんが、”課税”の対義語は「免税」「タックスフリー」などの言葉が挙げられます。

租税環境まとめ

「租税環境」は一般には馴染み薄いですが税金の仕組みや制度という意味合いの言葉で、特に税システムに不満を覚えていると改正を求めて使われる傾向があります。タックスヘイブンなど高額所得者ほど税率負担が少なくなるケースがあるので、税の専門家などは「租税環境」を変えるべきと訴えていて、GAFAなどの超大企業にデジタル税を導入する方向で世界は動いていますが、今後はどうなるのか見守るしかありません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事