暖炉の前でマグカップを手に本を読む様子

秋の夜長(あきのよなが)

皆さんは「秋の夜長」の意味をご存知ですか?この言葉に含まれる「夜長」という言葉は俳句で使われる季語としては有名なので、知っている方も多いかもしれません。では「秋の夜長」はどのような意味で使われるのでしょうか?今回はこの言葉について意味や由来、例文や類義語などをご紹介します。

秋の夜長の意味とは

「秋の夜長」とは、夜が長いことや、秋が深まるにつれて夜が長く感じられることを言います。
一年で夜が一番長い日は冬至と言い、だいたい12月22日頃に当たります。「秋の夜長」は太陽が昇ってから沈むまでの時間が短い期間を指し、旧暦では立秋から冬至の間のことを言いますが、一般的には秋の深まりを感じ始める秋分の9月23日頃以降を指して使われることが多いようです。

秋の夜長の由来

「夜長」とは夜が長いことを言い、特に秋の9月〜10月の時期を指して使われます。そこから、秋が深まるにつれ夜が長くなっていくことを「秋の夜長」と言うようになったそうです。

秋の夜長の文章・例文

例文1.秋の夜長は気候的にも過ごしやすく、読書や映画鑑賞など芸術作品を楽しむのに向いている
例文2.秋の夜長と言えど、夜更かしには気をつけなくては
例文3.この時期になると暗闇の中で虫が夜な夜な鳴いており、秋の夜長を感じる
例文4.秋の夜長に故郷の風景を思い出し、思いを馳せる
例文5.秋の夜長を味わいつつ、これから来る冬もまた、楽しみに思う
もともと「夜長」というのは俳句の季語ですが、「秋の夜長」は日常会話でもよく使われる表現です。

秋の夜長の会話例

  • 質問者アイコン

    最近は暑さも和らいで、だんだんと秋の気配がしてきたね。

  • 回答者アイコン

    食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋、今年は何をしようか今から楽しみだなあ。

  • 質問者アイコン

    僕は秋の夜長に読書をして過ごすのが好きだから、毎年この時期になると本をたくさん買いたくなるんだ。

  • 回答者アイコン

    それはいいね。気候も穏やかで、夜も過ごしやすくなるからね。

季節を感じる会話ですね。秋の夜長は過ごしやすく、何か趣味を始めたり娯楽を楽しみたいとった衝動に駆られる人も多いのではないでしょうか。

秋の夜長の類義語

他にも四季を表す季語には、それぞれの季節ごとに「春の日長(日永)」「夏は短夜」「冬は短日」などがあります。英語で表現したい場合は「autumnal night(秋の夜)」となどと表記するようです。

秋の夜長まとめ

今回は「秋の夜長」という言葉をご紹介しましたが、いかがでしたか?日本には四季があり、それぞれの季節を味わうための文化や風習もたくさんあります。そういった季節の楽しみ方を知ることで、日常から人生全体までもが豊かなものになるのではないかと思います。皆さんもぜひ「秋の夜長」を味わい尽くしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事