神対応(かみたいおう)

「神対応」とは「アイドルや有名人によるファンが喜ぶ嬉しいサービスで、”神様のような対応”を略したアイドル用語」です。ファンにとって憧れのアイドルはまさに偶像崇拝の絶対的な存在で、そんな特別な人から嬉しいサービスをされたら、下部であるファンは「神」と喜びの声を上げたくなるのでしょう。ある種の特別な関係性だから成立する言葉ですが、そんな現代ならではのアイドルとファンを象徴する「神対応」の解説となります。

[adstext]
[ads]

神対応の意味とは

「神対応」の意味は以下の通りとなります。
(1)神様のような素晴らしい扱いから、「非常に優れた対応」を指す現代ならではの表現。
(2)アイドル用語やネット用語では、アイドルや有名人がファンに対して優しさや愛情溢れる応対をする事で、喜んだファンが嬉しさや感動や感謝として用いる。
(3)一般的には、顧客を重視した対応をする企業や商店を称えた表現。
(4)略した「神」も同義。
”神”は「”神様”の略」、”対応”は「状況に応じて応対する事」「互いにつり合いが取れている」で、神様のような応対をするのが「神対応」です。良心的なクレーム対応や顧客第一のサービスをする企業をSNSなどで「神対応」と絶賛する事が暫しありますが、今回はアイドル用語やその応対としての「神対応」となります。ファンにとってアイドルや有名人は神様に等しく、そんな存在が握手会などのイベントでファンを大事にする気持ちから熱心に会話をしたり、手を離さない、視線を逸らさないなどの応対をすると、ファンは歓喜のあまり「神対応」と興奮をするのです。アイドル側からしたらファンサービスの一環であり、事務所やマネージャーから仕事としてやるように命令されているので実行しているだけなのですが、オタク気質なアイドルファンにとっては天にも昇るように舞い上がるのです。

神対応の由来

「神対応」は2005年にデビューしたアイドルグループ「AKB48」のファンの間で広まったのが始まりとされています。当時の「AKB48」はファンの為にライブや握手会を積極的に開催し、それに感激したファンが「まるで神様のような対応」として「神対応」と呼び始めたのです。

神対応の文章・例文

例文1.神対応とファンを熱狂させたアイドルが若手俳優とホテルで密会し、薬をキメて乱〇パーティーをした写真や記事がネットを駆け巡ったが、盲目的なファンはメディアのやらせだと一致団結して逆に記者を誹謗中傷したのだから呆れる。
例文2.友人はアイドルがテレビ番組で少し笑っただけで神対応と喜ぶが、家族の為に一生懸命働き家事をする母親には悪態をついては料理が下手など欠点を挙げるのだから、一体どんな精神構造をしているのかオタクの心の中は実に謎だ。
例文3.オタク相手の商売をする企業は、行動の一つひとつで神対応や塩対応と反応されるのだから、正直大変で可哀想になる。
例文4.SNSや掲示板には神対応という文言が並ぶが、「世の中には神などいない」とそんな奴の頬を叩いて現実に連れ戻したくなる。
例文5.日本では綺麗な人が成長をしてアイドルになると、ちょっとしたファンサービスで神対応と叫ばれるのだから、これにはローマ法王やジーザスクライストもびっくりだろう。
アイドル用語として「神対応」を皮肉って使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

神対応の会話例

  • 質問者アイコン

    やっぱり神対応をするアイドルが紅白に出場したり、ドラマや映画の主役になって売れていくと嬉しいね。

  • 回答者アイコン

    寂しいでしょう?

  • 質問者アイコン

    寂しいけど、本当に心から嬉しいんだよ。世間がやっと認めてくれたから。だって、○○(女性アイドルの名前)はずっと頑張ってきたんだよ。

  • 回答者アイコン

    はいはい、分かったからそろそろ仕事をしようか?

職場でアイドル好きの男性と同僚女性の会話です。

神対応の類義語

「神対応」の類義語にはアイドル用語では「神」、それ以外では「愛想がいい」「サービス精神」「明るい対応」「手厚いもてなし」などの言葉が挙げられます。

神対応の対義語

「神対応」の対義語にはアイドル用語では「塩対応」、それ以外では「悪い対応」「愛想が悪い」「愛想がない」「冷たい対応」などの言葉が挙げられます。

神対応まとめ

「神対応」は顧客対応が優れている企業などにも使いますが、アイドル用語としてまるで神様のようなファンサービスや応対をする事です。例えば、握手会でギュッと手を握ってくれたり真剣に会話をするなどファンにとっては嬉しくて堪らない事をされると、SNSなどではアイドルの誰々は「今日も神対応」などの言葉が溢れます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事