磨穿鉄硯(ませんてっけん)

「磨穿鉄硯」とは「強い意志を持ち、目標を達成するまで変えないこと」を意味しています。自分の目標を達成するためにずっと努力をしている人を見たことがある人も多いと思います。資格試験であったり、部活動であったり、受験勉強なんかでも、達成するために毎日机と向かい合ったり、体調を管理したりと努力している人もいると思います。そんな人を表す言葉として「磨穿鉄硯」という四字熟語があります。今回はそんな「磨穿鉄硯」について解説を行います。

[adstext]
[ads]

磨穿鉄硯の意味とは

「磨穿鉄硯」とは「強い意志を持ち、目標を達成するまで変えないこと」を意味しています。磨穿鉄硯は由来から生まれた四字熟語になります。「磨」は「すり減らすこと」を意味し、「穿」は「穴をあけること」を意味し、「鉄硯」は「鉄でできた硯(すずり)」を意味しています。これらを合わせると「鉄でできた硯すらすり減らし、穴が開いてしまうほど努力する」という意味になります。目標に向かって努力をしている人に対してはどんな時でも使えます。

磨穿鉄硯の由来

中国の一つの王朝である後晋(ごしん)に政治家の桑維翰(そういかんでん)という人物がいました。この桑維翰は若い時、鉄で作られていた硯を使い、科挙と呼ばれる、官僚となるために必要な試験の勉強を行っていました。鉄でできた硯に穴があいてしまうほど勉強し、見事合格できたという話が由来になっており、今でも同じように官僚になるという目標を持ち、その目標のために強い意志で勉強をした所から、今も同じ意味で使われる言葉になります。

磨穿鉄硯の文章・例文

例文1.テスト前には、磨穿鉄硯の勉強を行い毎回好成績を残している。
例文2.磨穿鉄硯の気持ちで、何度落ちても資格試験を取得する。
例文3.大学受験時代は、磨穿鉄硯さながらの勉強をしており、家族から心配されていた。
例文4.磨穿鉄硯に及ぶ研究成果は実を結び、沢山の人に喜んでもらえた。
例文5.早く昇給できるように磨穿鉄硯に及ぶ働きを見せた。
様々な「磨穿鉄硯」についての例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

磨穿鉄硯の会話例

  • 質問者アイコン

    息子が高校三年生になって、いよいよ受験だなって感じるよ。

  • 回答者アイコン

    高校二年生の時からあの子は頑張っていたから、第一志望に合格してほしいわね。

  • 質問者アイコン

    だけど磨穿鉄硯さながらの勉強をしているから、体が心配だ。

  • 回答者アイコン

    そこは私たちがフォローしましょう。話す会話とかも気を付けてね。

息子の受験について話をする夫婦の会話です。

磨穿鉄硯の類義語

「磨穿鉄硯」の類義語には、「蛍窓雪案」「面壁九年」などの言葉が挙げられます。

磨穿鉄硯の対義語

「磨穿鉄硯」の対義語には、「意志薄弱」「一暴十寒」などの言葉が挙げられます。

磨穿鉄硯まとめ

特に勉強が関わってくる時に使うタイミングが多くなると思います。テストで学年上位に入るために努力をしている姿に使用したり、受験勉強でも使われます。努力している人に使う言葉でもありますが、これから目標を達成させる、と心に強く誓う形でも使えるため、他者にも自分にも使用できます。これから頑張ろうと思っていることがある人は、使ってみてはいかがでしょうか。今回はそんな「磨穿鉄硯」について解説を行いました。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事