直言をする改革派の男性

直言(ちょくげん)

皆さんは会社ではっきりと物事を指摘したいときはどういう言い回しを使うでしょうか。こう言ったトゲのあるようなことを意見する場合にはそれなりにきちんとした言葉を使いたいものですよね。そんなときに使える言葉がこの直言です。では見てみましょう。

[adstext]
[ads]

直言の意味とは

直言というのは、自分が思っていることを遠慮せずにいうことです。目上の人に対して使う場合ですが、気をつけなくてはいけないのは前置きなくこの言葉を使うと失礼にあたります。なので目上の人に対してこの言葉を使うときには「あえて直言させて頂きますと」と付け加えることで失礼がなくなるので覚えておくと良いでしょう。人と打ち解け腹を割って話す事で人間関係の溝がなくなるなる場合もあれば逆に溝が深まる場合も十分にあるので、気をつけて使わなければならない言葉の一つです。

直言の由来

直言は、真っ直ぐという意味の「直」と「言う」という意味の言葉が重なり思っている事を真っ直ぐに言うと言う意味になりました。

直言の文章・例文

例文1.社長に今の会社の問題について直言した。
例文2.今所属しているサッカーチームの欠点を直言する。
例文3.あまり料理が美味しくなかったことをシェフに直言する。
例文4.あえて直言させて貰うのであればあの最後の一言は余計だった。
例文5.今の段階ではまだ二流だと弟子に直言する。
このようにズバッと思っていることを言えてしまうのがこの言葉の強みですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

直言の会話例

  • 質問者アイコン

    あえて直言させて貰うと、今回君が用意した資料はあまりよくなかったよ。

  • 回答者アイコン

    すみません。いったいどのようなところがおかしかったでしょうか。

  • 質問者アイコン

    文字ばかりで見にくかったし、データの数字の部分はグラフなどに当て込んだ方が見やすくなったはずだよ。

  • 回答者アイコン

    すみません。わかりまいした。次回の会議では善処いたします。

かなりパンチがある内容もいうことができますね。

直言の類義語

直言の類義語には、「提言」「辛辣」「容赦のない」「舌鋒鋭い」「歯に衣着せぬ」「単刀直入」があります。

直言まとめ

このような言葉を使うのはほとんどが会社関連だと思います。会社では普段使う「ぶっちゃけ」というような言葉は使えませんのでこのように直言という言葉を使えるとより自分の言いたいことも言えるようになりますよね。この機会に覚えて会社で使ってみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事