目から鱗が落ちるを体験する少年

目から鱗が落ちる(めからうろこがおちる)

今まで知らないことを知った時に、それが驚くようなことであれば「目から鱗だ。」などと言ったりすることがあると思います。今回は目から鱗が落ちるという言葉は本来どういう意味・由来があるのか解説していきます。

[adstext]
[ads]

目から鱗が落ちるの意味とは

意味は文字通り、目についていた鱗で今まで見えなかったものが鱗が落ちて見えるようになる。つまり、今まで知らなかったことを知るという意味です。視野や見聞を広げる事は人生を生きていく上で非常に意味があり、人生を豊かにしてくれるものになります。

目から鱗が落ちるの由来

もともと新約聖書に記載してある文言が由来です。

どういう内容が記載されているかというと、
あるところにパウルという人間がいて、彼はキリスト教の信者を迫害していました。彼は信者たちを追っていたのですがあるとき、なぜ信者を迫害するのかというキリストの言葉を聞き回心しました。その後パウロは洗礼を受けその時「目から鱗」のようなものが落ち視界がはっきりするようになったと記載されています。

以上が由来です。

目から鱗が落ちるの文章・例文

例文1.君の話を聞いて、目から鱗が落ちた。
例文2.雑学本を読むと、目から鱗が落ちる知識ばかりだ。
例文3.誰もが予知しない出来事が起きて、皆目から鱗が落ちた気持ちだ。
例文4.なるほど、という気持ちとともに目から鱗が落ちた。
例文5.それぐらいの話では目から鱗は落ちないよ。
目から鱗が落ちるという言葉は誰もが使ったことがあるので、馴染みがあるはずです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

目から鱗が落ちるの会話例

  • 質問者アイコン

    最近雑学にハマっていてね。何かお題を言ってみてよ。

  • 回答者アイコン

    それじゃあね、いちごはどう?

  • 質問者アイコン

    あまおうってあるでしょあれは、あかい、まるい、おおきい、うまいの頭文字をとってるんだ。

  • 回答者アイコン

    へぇ~、目から鱗落ちたよ。

会話だと目から鱗が落ちるより、目から鱗と省略することが多いですね。

目から鱗が落ちるの類義語

藪から棒の類義語として、「はっと気づく」「なるほどと納得する」「腑に落ちる」などがあげられます。

目から鱗が落ちるまとめ

普段自分たちが使っている目から鱗が落ちるという言葉ですが由来は聖書なことは知らない方が多かったのではないでしょうか。意外と日常の中でも使う頻度の高いことわざですので、しっかりと覚えておきましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事