痴情のもつれがバレた

痴情のもつれ

痴情のもつれから事件に発展してしまうこともありニュースで耳にしたことありますよね。ドラマや小説、漫画などでも題材にされることは多く、そういう話が好きな人、またその当事者になってしまう人も決して少なくありません。痴情のもつれという言葉が馴染みのある言葉となっていますがその意味など知っていないと間違えて使ってしまい誤解を招くこともあるかもしれません。今回は「痴情のもつれ」について解説していきます。

痴情のもつれの意味

異性関係で性欲や肉欲など絡んだ場合に事態が込み入って収集がつかなくなる事、男女間で色恋における関係がうまくいかなくなる事を意味しています。恋人同士である男女間では使いませんが、浮気相手や第3者の絡みがあった場合などには痴情のもつれという言葉が使われます。

痴情のもつれの由来

「痴情」とい言葉は色情に迷う心や理性を失った愚かな心などの意味を持っています。つまり、恋愛や性欲に心が支配されてしまうことを指します。「色情」は性欲という意味が含まれています。
「もつれる」は柔らかい糸のような繊維状のものが絡まる様子を言います。
「痴情のももつれ」は人の心が性欲や愛情に捉われ迷う様子を表しています。

痴情のもつれの文章・例文

例文1.友人は痴情のもつれで男性の彼女に嫌がらせを受けているらしい
例文2.交際をしていない男女の間で痴情のもつれがあり傷害事件に発展した
例文3.母は痴情のもつれを題材にしたサスペンスが大好きだ
例文4.痴情のもつれで喧嘩をする男女は意外にも多い
例文5.恋人に痴情のもつれがバレてしまい別れることになってしまった
トラブルそのものを指すと思っている方が多いですが、性欲などで迷う心を意味しているので間違えないようにしましょう。

痴情のもつれの会話例

  • 質問者アイコン

    僕の友人が彼女に、性欲が私に向かないなんてひどいわって怒られたらしいよ。痴情のもつれで喧嘩はなんだか悲しいね。

  • 回答者アイコン

    恋人同士の喧嘩は痴情のもつれって言わないのよ。
    色恋に迷う心のことを言うから、例えばその友人が浮気しててバレたとかだったら痴情のもつれって言うかな。

  • 質問者アイコン

    そうなのか、ずっと性が絡む喧嘩は全部そうだと思ってた。でも多分間違ってないんだよなぁ。

  • 回答者アイコン

    まさか、浮気してたの・・・?それはひどいわ・・・。

痴情のもつれ間違って使っていた男性に正しい意味を教える女性の会話になります。

痴情のもつれの類義語

痴情のもつれの類義語は「愛憎劇」や「泥沼不倫」「浮気」などが挙げられます。

痴情のもつれまとめ

「痴漢」をしてしまう人も性欲に支配された人ということが言えます。交際していなくても肉体関係を持ったり、恋人や配偶者がいても他の異性に目移りしてしまうなどの男女間でトラブルが起きることは減ることなく、性欲などに押し負けてしまう人も多くいます。こうしたトラブルから様々な事件に発展する恐れもありますので注意しましょう。またパートナー同士の喧嘩を痴情のもつれと言ってしまうと浮気をしていたとか知らない人に噂が流れてしまう事になりかねますので発言にも注意しましょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事