異彩を放つ芸術家としてのセンス

異彩を放つ(いさいをはなつ)

異彩を放つとは、周囲と比べて異なる特徴をもっていることです。私たち人間中には、能力や才能に秀でた人がいると思います。そういった人は他の人と比べて少数派であることから極めて目立ったり、注目を集めたりすることがあります。そんな人を表す言葉として異彩を放つというものがあります。今回は、そんな異彩を放つについてみていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

異彩を放つの意味とは

異彩を放つの意味は、周囲と比べて異なる特徴をもっていることです。独特な感性をもっていたり、どこか人と価値観が違ったりする様子がありありと現れているときに使うことができます。

異彩を放つの由来

異彩を放つの「異彩」は異なった色のことを表しており、そこから転じて普通とは異なった趣を表しています。また、放つは、あるところから激しく出すことを表します。このことから異彩を放つは人とは違った趣をありありと出すことを意味する言葉として使われるようになりました。

異彩を放つの文章・例文

例文1.今の社会をテーマとした絵のコンクールで入賞した彼の作品はとりわけ異彩を放っている。
例文2.彼の服装は異彩を放っていて学生とは思えないもので、校内規則に反しているので他の生徒から白い目で見られている。
例文3.ひときわ異彩を放つそのスニーカーは、今季の新商品である。
例文4.彼の独創的なキャラクターが生み出す世界観と声は、異彩を放っていてみるものを魅了する。
例文5.芸人たちの漫才を見ていたが、先程のグループはとりわけ異彩を放っていて面白かった。
これらから異彩を放つという言葉は、どこか他の人たちとは違った様子をしているときに使うことができます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

異彩を放つの会話例

  • 質問者アイコン

    この前、久しぶりに地元のみんなと合うために同窓会に行ってきたんだ。

  • 回答者アイコン

    それはいいね。久しぶりに旧友とあった感想を聞かせておくれよ。

  • 質問者アイコン

    当時、クラスでも異彩を放っていて人気者だった人がいたんだけど今は大人気YouTuberらしいんだよ。

  • 回答者アイコン

    それは驚いたね。なんて人なんだい。今度みてみようかな。

これは、久しぶりに同窓会をしたことを話しています。

異彩を放つの類義語

異彩を放つの類義語には、「一味も二味も違う」「非凡」「逸材」などがあります。

異彩を放つまとめ

今でこそ、多様な価値観が受け入れられるようになってきていますが、昔は、多数派の意見に賛同しなければ孤立してしまうなんてこともあったと思います。色々な考え方がある今日だからこそ、多くの人と話すことによって様々な世界を知ることができると思います。なので積極的に多くの人と会話して、自分の世界を広げていけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事