畢生(ひっせい)

畢生とは、生を終えるまでの期間のことです。人間には、寿命というものがあります。人は病気などにかかってしまうこともあり、健康な状態であればもっと生きられたなんてこともあります。確かに病気であれば、治療することはできます。しかし、人間の寿命には限りがあり、永遠に生きるということができないのが現状です。今回は、そんなときに使われる畢生という言葉について意味や由来、使い方などを交えて見ていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

畢生の意味とは

畢生の意味とは、生を終えるまでの期間のことです。言い換える言葉として生涯や一生といったものがあります。合わせて覚えておくといいと思います。

畢生の由来

畢生の「畢」には、終えるや終わるといった意味があり、「生」には命や生きていることを意味します。これらの言葉を組み合わせて畢生という言葉が使われるようになったと考えられています。

畢生の文章・例文

例文1.畢生、多くのことを成し遂げてきた彼は今も尊敬されていて銅像が飾られている。
例文2.畢生は限られているため、悔いのないようにやりたいことは今のうちにやっておくべきだ。
例文3.貧しい家庭に生まれた彼は、畢生大変な生活を送っていた。
例文4.畢生をかけて目標を達成した彼女は尊敬に値する。
例文5.畢生を費やしても実現できなかった夢を子供に託す。
これらから畢生という言葉は、生涯を表すにはとても適した言葉です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

畢生の会話例

  • 質問者アイコン

    彼女は、今もなお今日の技術発展に貢献してきた人物として尊敬されているよ。

  • 回答者アイコン

    うん。僕も彼女のことは、歴史で学んだことがあるよ。本当に凄いと思うよ。

  • 質問者アイコン

    そうだよね。畢生をかけて世の中ために活動したんだものね。

  • 回答者アイコン

    その通りだよ。私たちが今日こうやって快適に生活できるのも彼女のおかげなのだから。

これは、生涯をかけて技術発展に貢献した人物につて話している様子です。

畢生の類義語

畢生の類義語には、「一生涯」「寿命」「一期」などがあります。

畢生まとめ

畢生と言う言葉は多くの場面で使うことができます。人の畢生は有限であり、出来ることは限られてきますが、畢生の最後の瞬間は悔いのないような清々しい気持ちで迎えられればいいと思います。だからこそ、今日できることは今日やりたいことは今日やれるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事