男子中学御三家は昔から有名

男子中学御三家

小学生のお子さんがいるパパやママにとって、4年生や5年生に上がった年代から意識し始めるのが名門中学のお受験です。今回ご紹介するのが中学受験のエキスパートといわれる「男子中学御三家」について。どんな学校が名乗りを上げているのか、一緒に見ていきましょう。

男子中学御三家の意味とは

男子中学御三家とは開成中学校・麻布中学校・武蔵中学校の3大ブランドの学校です。それぞれ東京の荒川区・港区・練馬区にある学校のため、関東に住んでいる方にとってハイステイタスな学校です。日本のトップレベル大学である東京大学への進学率も高く、東大に入りたければ男子中学御三家の登竜門は必須…と囁かれています。三大中学の中でも特に偏差値が高いのが開成中学。教師が与えるのではなく、自ら考えて勉強するのびのびとした校風が魅力的です。

男子中学御三家の由来

男子中学御三家の名が大きく取り沙汰されるようになったのは、2000年代のお受験ブームのころです。とくにリーマンショック前年の2007年は首都圏にいる小学生の4人に1人は中学受験をした…といわれるほど、受験率が高かった時代。教育熱心な保護者や塾の先生たちの間で、女子中学御三家にならぶ男子中学御三家の名前が持ち上がるようになりました。現在では有能な中高一貫のスクールが増えたこともあり、男子中学御三家以外の学校に目を向ける動きも少しずつ増えてきています。

男子中学御三家の文章・例文

例文1.男子中学御三家に入りたいなら、小学3年生から準備しておくのがオススメだよ。
例文2.男子中学御三家対策用の参考書は、置いてありますか。
例文3.恥ずかしながら、男子中学御三家の出身です。
例文4.男子中学御三家の受験があるため、教室はピリピリしたムードに包まれている。
例文5.男子中学御三家に入れる可能性は、どのくらいありますか。
男子中学のサラブレッドといわれる男子中学御三家。男子中学の最高峰といわれるだけあり、毎年多くの受験生が殺到しています。自由な校風をモットーにした学校が多く、入学したあとどのような進路を取りたいのか事前に考えておくことも大切です。

男子中学御三家の類義語

男子中学御三家に並ぶのが、「女子中学御三家」です。女子中学御三家は桜蔭中学・女子学院中学・雙葉中学の3校です。

男子中学御三家まとめ

進学を志す小学生の保護者の方にとって、ぜひ見聞きしておきたい男子中学御三家。男子中学御三家は開成中学・麻布中学・武蔵中学です。いずれも東京大学に進むことの多い、エリート級の学校です。みずから課題を考え創造するチカラを育む自由主義の学校が多いため、受験前には学校それぞれの特色を理解しておくことも大切です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事