生娘をシャブ漬け戦略(きむすめをしゃぶづけせんりゃく)

生娘をシャブ漬け戦略とは、牛丼チェーン吉野家の役員伊東正明常務の講義での発言によるもので、田舎から都会に出てきた若い女性に牛丼を食べて中毒になってもらうといったような意味合いとなっています。この発言が、人権やジェンダーの問題の観点から見ても不適切であるとし、批判的な拡散が広がっています。それでは今回は、そんな「生娘をシャブ漬け戦略」について詳しく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

生娘をシャブ漬け戦略の意味とは

生娘をシャブ漬け戦略の意味は、「田舎から都会に出てきた若い女性に、中毒のように牛丼を食べてもらう」という例えの発言によるものです。これは、牛丼チェーン吉野家の役員である伊東正明常務が、先日早稲田大学で開催された社会人向けのマーケティング講座で講師として発言した言葉です。生娘というのは、田舎から都会に出てきた若い女性を指しています。また、シャブとは覚せい剤のことを表す言葉で、覚せい剤には強い依存中毒性があることから、牛丼を食べて中毒にするという意味であるようです。講義の内容には、若い女性が男性に高いご飯を奢ってもらうようになると絶対に牛丼を食べなくなるといったものも含まれており、講義を受講した人のSNSによる講義内容の投稿が拡散し、問題視されています。女性蔑視や、人権、ジェンダー意識の欠如した不適切な発言として問題となっており、この発言をした伊東正明常務は、この講義の2日後に解任されました。本来は、いかに女性客を取り込むかということを戦略の一つに掲げていた吉野家ですが、この伊東氏の発言によって女性客を取り込むどころか、既存顧客の離客も懸念されています。

生娘をシャブ漬け戦略の由来

生娘をシャブ漬け戦略の由来は、意味のところでも説明した通り、牛丼チェーン吉野家の伊東正明常務が、早稲田大学で開催されたマーケティング講座で発言したことです。

生娘をシャブ漬け戦略の文章・例文

例文1.今回の「生娘をシャブ漬け戦略」問題によって、吉野家の離客は相次いでしまうのではないだろうか。
例文2.生娘をシャブ漬け戦略は、明らかに女性蔑視で不快に思う人も多かった。
例文3.女性を顧客に取り込みたいという意味とは言え、生娘をシャブ漬け戦略という表現は不適切だ。
例文4.生娘をシャブ漬け戦略という発言を原因に、牛丼チェーンの勢力図は変わるのではないか。
例文5.人権やジェンダーを問題視されているこの時代に、生娘をシャブ漬け戦略などと言う発言をした伊東氏は、そういった問題を意識していなかったのだろうか。
生娘をシャブ漬け戦略の例文になります。この問題を機に牛丼チェーンの勢力図にも変化が起きるかもしれないですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

生娘をシャブ漬け戦略の会話例

  • 質問者アイコン

    今回の生娘をシャブ漬け戦略がすごくニュースで出てくるね。

  • 回答者アイコン

    あまり詳しくは知らないけど、聞いてても気分は良くないよね。

  • 質問者アイコン

    いくら戦略とは言っても表現や言葉を間違えてはだめだよね。

  • 回答者アイコン

    大きな企業ダメージとなった今回のことから、企業としてどう巻き返していくかにはちょっと興味はあるけどね。

生娘をシャブ漬け戦略の発言について話している様子です。

生娘をシャブ漬け戦略の類義語

生娘をシャブ漬け戦略の類義語は明確にはありませんが、似たような意味の言葉では「中毒」や「薬漬け」などがあげられます。

生娘をシャブ漬け戦略まとめ

生娘をシャブ漬け戦略とは、牛丼チェーン吉野家の役員伊東正明常務の発言によるものでした。特に人権やジェンダーに対して問題視されている現代においてこのような発言は、明らかに不適切なものとして広く拡散されニュースなどでも問題となりました。差別的発言というのは、大きな影響があるので注意が必要ですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事