甘言蜜語に踊らされている人

甘言蜜語(かんげんみつご)

みなさんは、甘言を用いたことはありますか?もしくは甘言を使っている場面に遭遇したことは?この言葉は、四字熟語でもあらわすことができます。それが「甘言蜜語」です。この言葉は漢検でも準一級クラスなので、覚えていて損はないと思います。
それでは、その意味についてみてみましょう。

甘言蜜語の意味とは

甘言蜜語の意味とは、相手の気持ちを誘う口先だけの言葉、男女で交わされる甘い会話のことにも使います。どちらかというと、男女のひそやかな、甘い会話をしている様子を表している場面に使用することのほうが多いかと思います。

甘言蜜語の由来

甘言蜜語の「甘言」は、「人につけこむような言葉」であり。「蜜語」には文字通りの「蜜のように甘い言葉」と「男女間でのひそやかな睦言」という意味があります。

甘言蜜語の文章・例文

例文1.社長の方針転換には困ったものだ。それも、副社長の甘言蜜語に踊らされているからだ。
例文2.あの人、不倫しているらしいわ。甘言蜜語で取り入って、離婚させたいみたいね。
例文3.彼女の甘言蜜語に騙されて、有り金全部もっていかれた。
例文4.甘言蜜語により、破滅してしまった人は歴史上にも数多くいることだろう。
例文5.この間言われた言葉、甘言蜜語ふぁとわかっていても心惹かれてしまう。
甘言蜜語という言葉は、わかっていてもあらがえないような魅力を含んでいる場合もあります。しかし、そんな魅力に打ち勝つような精神力を手に入れたいですね。

甘言蜜語の会話例

  • 質問者アイコン

    あー今月、ピンチなんだ。お金すこし恵んでくれない?

  • 回答者アイコン

    えー、そんなこと言って、先月もおごったじゃん。今度はそっちがおごる番でしょ?なんかあったの?

  • 質問者アイコン

    いやー推してるホステスさんに貢いじゃった。いい子だから、貢いだことに対してなんの後悔もないけど。

  • 回答者アイコン

    甘言蜜語に踊らされているじゃない!ちょっと、もうそこに行くのやめなさいよ!

甘言蜜語というものは文字通り、とても甘い言葉。あなたはそんな言葉の力に勝てますか?

甘言蜜語の類義語

甘言蜜語の類義語に「甜言蜜語」「巧言令色」などがあげられます。

甘言蜜語まとめ

みなさんは、甘言蜜語に踊らされたことはありませんか?いいように使われて、ポイ、というような話はよく聞きます。あなたのまわりにもいませんでしたか?
甘言蜜語を使ってうまく人を踊らせる側につきたいものですね。ですが、あまり過ぎると批難の対象になるので、注意が必要ですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事