猛省 反省

猛省(もうせい)

私たちが生活する中で、仕事やプライベートで「やってしまった!」なんて事が1度はありませんか?本日はそんな中でもとくに大失敗をしてしまった時に使える言葉「猛省」をご紹介したいと思います。何か大きな失敗やトラブルを巻き起こしてしまった時にこの言葉を思い出して見ましょう

猛省の意味

猛省とは、厳しく反省する事を意味しています。猛烈に反省しています!という事ですね。

猛省の由来

この言葉の「猛」とは猛獣など荒々しい事を表し凶暴であるというイメージをもつ字です。そのように猛省とはただただ反省するだけではなく自分の失態に怒りが収まらない程の感情をもちながら反省しているというところがこの言葉の由来になっているいます。

猛省の文章・例文

例文1.仕事で大失敗してしまい猛省している
例文2.失敗について猛省を促す
例文3.自分の行動について猛省すべきだった
例文4.反省では足りないため猛省する
例文5.猛省し失敗を繰り返さないようにする
このように猛省には反省以上にもっと反省するための言葉として用いられる事が主となっていますね!

猛省の会話例

  • 質問者アイコン

    テレビでは政治の話題が尽きませんね。

  • 回答者アイコン

    そうですね。悪いところばかり気になってしまいますが、仕方なく思えます。

  • 質問者アイコン

    彼らは本当に反省しているのでしょうか?

  • 回答者アイコン

    もはや反省では足りないのかもしれませんね。猛省を促したい気持ちです。

反省すればそれでよし!という程度ではすまされない・・・そんな時に猛省という言葉を使う時がくるのかもしれませんね。

猛省の類義語

類義として「懺悔」や「内省」、「反省」や「後悔」などの言葉があります。

猛省まとめ

何事もやってしまったことは仕方のないこと・・・という面もあるかもしれませんが、そのまま開き直るのではなく、やってしまったことへの深い反省や、なぜやってしまったのかなど同じことが起こらないためにこれまでの行いを見直すことが大切、ということを教えてくれる言葉なのかもしれませんね。また最近よく目にする事の多い不祥事などのニュースもこの言葉を使ってきちんと反省してください!と思った時に使う時がくるかもしれません。ですが、なんでもかんでも「猛省しなさい!」というとちょっとした事でも「猛省だ!猛省だ!」なんて事も起きかねないかもしれません。
何か大きな失敗を目にしたり、してしまったらこの言葉を思い出してその出来事や、自分の行いを振り返ってみるといいかもしれませんね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事