独占禁止法の制定

独占禁止法(どくせんきんしほう)

経済のネットニュースを読んでいて、よく目に入るのが独占禁止法という言葉です。法律の中身を正しく理解していないと、ときに意図しなくても逮捕されてしまう惨事に巻き込まれてしまうことも…。今回は分かりにくい独占禁止法の中身について、徹底的にリサーチしていきます。経済の言葉をひとつ知って、大人なビジネスライフを目指しましょう。

独占禁止法の意味とは

独占禁止法とは全ての企業が、よりよい製品やサービスを作り出すために生まれた法律のこと。複数の企業が秘密裏にあい、商品やサービスの値段を調整することをカルテルと呼んでいますが、独占禁止法ではこのような不公正なやり取りを禁じています。独占禁止法に違反した場合は、公正取引委員会により排除措置命令などの処罰が下ります。ケースによっては刑事事件に発展する恐れもあるため注意が必要です。
「公正取引委員会・独占禁止法」
独占禁止法における考え方や概念も詳しく記載をされています。

独占禁止法の由来

独占禁止法は昭和22年に施行された法律です。それぞれの企業が自由に活動をおこない、市場が公平に動いているか、監視するのが公正取引委員会です。公正取引委員会は独占禁止法の制定と同時に認められた機関で、シンボルマークは人の目をあらわしたウォッチマーク。マーケットの門番として、常に日本経済をウォッチする深い意味が込められています。ニュースや新聞では「独禁法」という形で表記される事も多いので合わせて覚えておきましょう。

独占禁止法の文章・例文

例文1.自由で公平なマーケットにするためには、独占禁止法の存在が欠かせない
例文2.地方経済が縮小するなか、地方銀行に対する独占禁止法の在り方が検討された
例文3.独占禁止法に引っかからないよう、慎重に審議を進めてください
例文4.独占禁止法に違反した疑いで、A社の部長が書類送検された
例文5.与党は独占禁止法の改正案を、模索している
公平なマーケットを作るために生まれたのが独占禁止法です。最近では地方経済の縮小により、独占禁止法の在り方が見直されつつあります。

独占禁止法の類義語

独占禁止法は企業間にて、競争法と呼ばれることもあります。独占禁止法をショート版に省略して「独禁法」と呼ぶケースもあります。独占禁止法を説明する際に使われる不当な取引のことをカルテルと呼びますが、カルテルの語源はなんとドイツ語。意外なところに、経済用語の始まりがあったようです。

独占禁止法まとめ

独占禁止法とは消費者が不当に扱われないように、マーケットの安定をはかって生まれたルールです。各企業のサービスや商品が独占禁止法に違反していないかは、マーケットの番人と呼ばれる公正取引委員会によって随時監視されています。
適切な社会を作るために必要な独占禁止法ですが、最近では地方経済の縮小により、地方のバス会社・銀行の独占禁止法の概要について、見直す動きも出てきています。独占禁止法がどう時代とともに変わっていくのか、今後も要注目です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事