あまりに仕事量に無理ゲーだと諦める男性

無理ゲー(ムリゲー)

無理ゲーは難易度が高いゲームのことです。そこから派生して難易度があまりにも高い事指す意味として使われています。今日でも難しいことや達成することが困難なことがあると思います。自分の実力が至らなかったり、経験が少なかったりすれば当然難しく感じることもあります。難易度が高い余り諦め半分で望むことも時にはあると思います。そんな物事について言い表す言葉として無理ゲーというものがあります。今回はそんな無理ゲーについて由来や類義語など交えつつ、みていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

無理ゲーの意味とは

無理ゲーの意味は難易度が高いゲームのことです。転じてゲーム以外のことでも難易度が高い物事に関しては無理ゲーという言葉が使われることがあります。

無理ゲーの由来

無理ゲーの「無理」とは不可能なことを意味しており、「ゲー」はゲームのことを表しています。このことからクリアするのが不可能なゲームのことを表す言葉になったと考えることができます。また、無理という言葉は本来、理を欠くことに対して使われる言葉であり、使い方が今日では少し異なってきているということも知っておけるといいと思います。

無理ゲーの文章・例文

例文1.この数学の問題は履修していない範囲の内容も絡んでくるので、正解導き出すのは不可能に近い。まさに無理ゲーである。
例文2.難しいゲー厶とは聞いていたが、自分が不器用なのもあってクリアするのは困難な無理ゲーだった。
例文3.自分は今まで一度も料理をしたことがないのに、料理を振る舞ってほしいと言われても無理ゲーである。
例文4.試験勉強を全くしていないのに試験に挑むなど無理ゲーである。
例文5.この課題を解決するのは無理ゲーである。
これらから無理ゲーは難易度が高い物事を達成するのが難しいさまを表すのに用いられます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

無理ゲーの会話例

  • 質問者アイコン

    こんな困難な問題について解決をしろなんて無茶苦茶すぎるよ。

  • 回答者アイコン

    本当だね。でもそれだけ君は期待されてるってことなんじゃないかな。

  • 質問者アイコン

    今まで解決されてきたことのない問題なんて無理ゲーだよ。

  • 回答者アイコン

    そうなのかい。それは大変だね。できる限り頑張ってみるといいよ。

これは、解決困難な問題に直面している人が話している様子です。

無理ゲーの類義語

無理ゲーの類義語には、「鬼畜ゲー」「積みゲー」「クソゲー」などがあります。

無理ゲーまとめ

無理ゲーとは、元々はクリア困難なゲー厶に対して使われる言葉でしたが、今日、スマートフォンが普及して多くのソーシャルゲー厶が登場したこともあり、ゲー厶というものが身近な存在になったと思います。その影響から日常会話でも無理ゲーという言葉が使われるようになったと考えることができます。使われる機会も多いと思うので、これを機に覚えておけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事