炯眼

人間関係を築く際、相手を信用することが良い信頼関係を築く第一歩です。しかし最近では、高齢者を狙った詐欺なども多く人間関係に不可欠な信用を逆手にとって、騙す行為が後を絶ちません。
とても残念なことですが、人を信用するばかりでは現在では良くないのかもしれません。今回紹介するのは、現代を生きていく中で必要な言葉です。 この言葉を覚えて、人生を豊かにしていきましょう。

炯眼の意味とは

炯眼(けいがん)の意味とは、相手の本心を見抜く目のことです。人間の今見える表情と本心は、必ずしも一致しません。相手がどんなににこやかに笑っていても本心ではどのように相手を騙そうかと思っているかもしれないのです。
もちろん、今の表情と本心が一致している人の方が多いのですが、やはり人間関係を築く上ですべて正直に話すことだけが、良い人間関係を築くものではありません。
人間関係を上手に保つためには、上辺の付き合いも必要です。人間関係を保つ上で、我々は時には炯眼をもって相手にする必要があるのです。

炯眼の由来

炯眼の炯は、あきらか、ひかり輝く様のことを言います。明らかな眼、光り輝く眼ということです。
今では、ほとんど使われなくなりましたが、 芥川龍之介の将軍という小説の中に軍司令官閣下の炯眼には驚きました。という一文があります。また有名な太宰治の小説や正岡子規の作品にも 使われています。

炯眼の文章・例文

例文1.社会人として炯眼を持たなければいけない
例文2.あの方の眼は炯眼であった
例文3.炯眼を持った刑事だけが、本当の刑事だ
例文4.あなたの炯眼でウソを見抜いて頂きたい
例文5.炯眼など必要がない時代が来るのだろうか
炯眼をもつことは必要なことですが、人を疑ってかかるのは良くない行為です。しかし、長年の努力で炯眼を持つことができれば、上手に人間関係が保てるかもしれません。

炯眼の類義語

炯眼の類義語は「鋭い」や「聡明」です。本当の意味での炯眼は、長年の努力で培われるものなのかもしれません。

炯眼まとめ

常に自分を磨いて、炯眼を持てるような人間になりたいものです。人は生きていく中で、人を信頼しながら生きていきます。それは大変、良いことなのですが人を信じすぎれば、痛い目を見ることもあります。実際に、人生に一度は騙された経験があると思います。

そのことで人のせいにしてしまったり、傷ついて人間不信に陥ることもあるかもしれません。しかし、そのような辛い経験が、生きてくるのです。
長い人生の中で、決して諦めることなく多くの努力を積み重ねて、その過程の中で炯眼を持つことができるのかもしれません。炯眼を持てるように日々努力して、人の本心を見抜けるようにしていきましょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事