炎上(えんじょう)

FacebookTwitterといったSNSが世間に広く普及してきて、それを用いたビジネスまであるくらいの世の中で、便利さを感じることもあるかと思います。しかしその反面、どういった投稿をするのか、どういうコメントを残すのかに慎重にならないと、大多数の人から顰蹙を買うことになってしまいます。特に芸能関係やユーチューバーのようなビジネスの面で携わっている人は、多くの人が見ているので「炎上」には気をつけなければなりません。そこで、この炎上について解説をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

炎上の意味

炎上というのは、インターネット上において失言や詭弁、不祥事といったものが発覚した際に、批難・批判が殺到し収拾がつかなくなった状態のことを指します。
炎上の大半は、SNS上でのタイトルを見ての反射的なものが多く、その上リツイートによって拡散していくため、どんどん収拾がつかなくなっています。約60%がタイトルのみでそうした行動を起こしている傾向があるとされており、情報リテラシーの低さが社会問題の一つになっています。

炎上の由来

この言葉は、小さな火種が大きく燃え広がっていくことから例えられるようになった表現です。

炎上の文章・例文

例文1.ちょっとした発言から炎上して大変なことになった
例文2.一度炎上すると大変なことになる
例文3.SNSで炎上した結果、非難の的になった
例文4.SNSで炎上しないように発言には気をつけよう
例文5.また政治家の発言がネットで炎上している
炎上してしまうと、ネットのだけでなく時としてリアルの世界でも非難の的になることもあるので、気をつけたいところですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

炎上の会話例

  • 質問者アイコン

    昨日、Twitterで発言したことに対して批判のコメントがたくさん来てて大変なんだよ!

  • 回答者アイコン

    ほんとだ!
    大炎上してるじゃん!

  • 質問者アイコン

    ほとぼりが冷めるまで、しばらく発言しないようにしよう。

  • 回答者アイコン

    それがいいね。

直接のフォロワー数が少なくても、リツイートでどんどん拡散していってしまうので、投稿内容や発言には要注意ですね。

炎上の類義語

炎上を違う言葉で表現すると、「バッシング」や「ブーイング」も近い意味の言葉として捉えることができるのではないでしょうか。

炎上まとめ

炎上してしまうと、精神的なダメージや経済的な損失が発生することもあるので、気をつけたほうがいいでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事