清貧を美学とする生き方

清貧(せいひん)

皆さんはどのような欲望を持っていますか。どこか遠くの国へ行きたい。はたまた高級な料理をたらふく食べたい。人にはそれぞれ違った欲望がありますが、それらのほとんどを実現するために必要なものは「お金」です。海外へ行くにしても、外食をするにしても、お金が多ければ多いほど選択肢が広がります。逆に、私たちがすべての欲を消してしまえばお金はほとんど必要なくなってしまいます。今回は、そのような思想を表す「清貧」という言葉について、詳しく解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

清貧の意味とは

己の欲を捨てて、常に正しく、富を追わず質素に生きるという意味です。富を追うことをやめようと意識するのではなく、私欲を捨てた結果として、富は必要のないものとなるのです。昔の武士たちは、清貧に甘んじて生きることを自らの誇りとしていたそうです。

清貧の由来

汚れのない綺麗な状態を表す「清」と、不足や貧しさを表す「貧」という語が合わさってできた言葉です。

清貧の文章・例文

例文1.私の父は生涯を清貧に暮らした。
例文2.彼らは自らの清貧を誇りとした。
例文3.清貧に甘んじることの素晴らしさが、見直されつつある。
例文4.清貧に暮らしていれば、大きな富は不要となる。
例文5.私の祖母は、一貫して清貧を好む。
清貧に暮らすことは時として、甘えや、痩せ我慢だと批判されることもあるようです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

清貧の会話例

  • 質問者アイコン

    清貧に暮らすっていうけどさ、「貧」という字が入っているからちょっとネガティブな印象も受けるよね。

  • 回答者アイコン

    実際、人によっては清貧に暮らすことは向上心がないと思うかもしれないね。

  • 質問者アイコン

    まあでも、清貧に暮らしていればそんな声も耳に入らないかもしれないね。

  • 回答者アイコン

    そうね。結局は私たちそれぞれ自分の好きなように生きれば良いのよ。

ポジティブな印象を与える「清」と少しネガティブな印象を与える「貧」の二文字が合わさってできている「清貧」という語ですが、基本的にはネガティブな意味を含まない言葉です。

清貧の類義語

清貧の類義語としては、「質素」や「倹しい(つましい)」などが挙げられます。

清貧まとめ

私利私欲を捨てて、質素に生きるという意味の「清貧」ですが、現代では物やサービスが溢れていて、多くの人がその考え方とは離れていっていますね。今一度、清貧に暮らすことを意識してみると、無駄な出費や貧困への不安が減るかもしれませんね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事