深層崩壊が起きた

深層崩壊(しんそうほうかい)

雨や地震が多い国では、土砂崩れや雪崩といった現象が発生しやすくなります。特に山間部に居住している人は注意をしなければならないことですね。日本でも実際に土砂崩れで命を落とされた方もいれば、命は助かっても家や土地を失ってしまった方は少なくはないでしょう。そうした降雨や降雪による被害でも特に気をつけなければならないのが「深層崩壊」と呼ばれるものです。この深層崩壊について解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

深層崩壊の意味

深層崩壊というのは、土砂崩れや崖崩れの規模が大きいものと考えていただいていいと思います。土砂崩れや崖崩れなどの斜面崩壊のうち、規模が小さいものが「表層崩壊」と呼ばれます。表層崩壊は表土層と呼ばれる表面層が崩れる現象ですが、深層崩壊は表土層に加えてさらに深いところにある深層が崩れてしまう現象です。
日本においては、21都道府県がこの深層崩壊の発生が高いとされています。

深層崩壊の由来

深層崩壊の名前の由来は、層が崩壊を起こすという現象が深層という箇所で発生しているところからそのように呼ばれています。

深層崩壊の文章・例文

例文1.あの土地は深層崩壊を起こしそうだ
例文2.深層崩壊のせいで家がなくなってしまった
例文3.深層崩壊の原因を究明することに尽力しよう
例文4.いつ深層崩壊が起こっても大丈夫なように今から対策を立てよう
例文5.深層崩壊による被害の爪痕は消えない
日本でも過去には深層崩壊を原因とする山腹の崩壊が1000箇所以上で発生するなどの災害が発生している事例もあります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

深層崩壊の会話例

  • 質問者アイコン

    かなり雨が続いているから、実家の方が心配だね。

  • 回答者アイコン

    かなり山の中だしね。
    そういえば、深層崩壊の恐れがあるとかってテレビでやっていたよ。

  • 質問者アイコン

    そうなの!?すぐに実家に電話してみるよ!

  • 回答者アイコン

    早いうちに避難の準備とかもしておいた方がいいしね。

深層崩壊が起こりそうな地域に関しては、センサーが設置されているので危険がある場合は事前に知ることができます。

深層崩壊の類義語

土砂災害に関連した言葉に「崖崩れ」「地滑り」「土石流」といった言葉がありますが、表層崩壊や深層崩壊は崩壊の形態を表す言葉なので、似ていますがニュアンスは若干異なります。

深層崩壊まとめ

日本では特に降雨量の多い季節は要注意の事象です。深層崩壊の情報を察知したら近くの方は少しでも早く避難ができるように心がけることが大切です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事