決算賞与が出た

決算賞与(けっさんしょうよ)

ビジネスマンにとって、1年の中でも数少ない嬉しいことのひとつがボーナス(賞与)ではないでしょうか。お金が全てとは言いませんが、お金がないとできないことがあるので、あると確実に嬉しいものですよね。そんな賞与の中には「決算賞与」という種類のものが存在しています。この決算賞与とはなんなのかについて解説していきます。

[adstext]
[ads]

決算賞与の意味

決算賞与というのは、会社として年に1回存在している決算の後に支払われ賞与のことです。日本では一般的に夏と冬に支払われる賞与が多いですが、決算賞与はこれとは別のものになります。
決算賞与は会社の業績によって支給額や支給するか否かが変わってくるため、必ずしも決められた額がもらえるわけではありません。なので、世間的には臨時ボーナスという感覚に近いです。
企業によっては夏と冬にプラスで決算賞与を出している企業もありますし、夏と冬の賞与がなく決算賞与のみという企業もあります。
決算月に関しては、大半が3月か6月か12月になるので、その翌月末までに支払われる企業が多いでしょう。

決算賞与の由来

決算賞与が歴史的にいつ頃からあったのかなどは明確ではありません。しかし賞与というシステムに関しては、江戸時代に商人がお盆と年末に奉公人に配った「仕着」が由来になっていると言われています。夏には氷代として、年末には餅代としてこれを与えていたという記録があります。

決算賞与の文章・例文

例文1.我が社は決算賞与を出している
例文2.少しでも決算賞与をもらえると嬉しくなる
例文3.寸志程度でも決算賞与を出そう
例文4.決算賞与が出る会社に転職したい
例文5.決算賞与でいくらくらいもらえるか楽しみだ
現代では決算賞与の文化が浸透してきたこともあり、これを出している企業は多いようです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

決算賞与の会話例

  • 質問者アイコン

    今期はかなり業績が良かったらしいよ!

  • 回答者アイコン

    本当に1?
    じゃあ決算賞与も期待できるかな?

  • 質問者アイコン

    多分去年よりは期待できると思うよ!

  • 回答者アイコン

    じゃあ今年の年末は海外でも行こうかな!

決算賞与が出る企業で、業績向上の知らせはかなり嬉しいものではないでしょうか。

決算賞与の類義語

決算賞与は支給が確定されていないものというところから、「特別手当」や「お小遣い」といった表現はニュアンス的には近いものがあるでしょう。

決算賞与まとめ

ここまで決算賞与というものがなんのかについてまとめてきました。転職に際しても気にするポイントの一つだと思うので、今一度どういう制度なのかを知っておいてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事