汚職している人

汚職(おしょく)

ニュースを見ていると、「〇〇という政治家が汚職により退任」というトピックを見かけますね。海外の政治家ならまだしも、日本の政治家の汚職事件を見ると、日本国民としてはどうにもやるせなくなります。誰しも失敗しますが、汚職はその中でも厳しく批判される類のものです。どのような失敗、過ちを犯すと汚職になるのでしょうか?この記事では、汚職とみなされない失敗との違いを含め、汚職という言葉について解説します。

汚職の意味

汚職とは「自分の職権・地位を利用して悪事を働くこと」という意味です。自分の利益のために権力を働かせて他者を虐げる、これが汚職です。例としては、収賄行為、横領、自分に都合の良い企業を優遇するなどが挙げられます。主に公務員による事件が汚職とみなされます。一人間としての失敗だったら許されるかもしれません。社長が交通事故を起こすのは決して簡単に許されることではありませんが、まだそれだけならいいでしょう。しかし、社長という立場を利用して自分の利益を追い求め始めるとき、汚職が始まります。権力者が一方的に悪いだけではありません。下の人間もトップを味方につけようと様々な工作を仕掛けてくるときがあります。トップの人間はたとえそのような誘いがあっても、人としての良心を働かせて清廉潔白を貫き、汚職を避ける努力が必要なのです。

汚職の由来

汚職の由来は「瀆職」(とくしょく)という言葉にあります。戦前に「汚職」の代わりとして使われていたのですが、戦後に当用漢字が整備され、汚職という言葉に置き換えられました。意味は汚職と同じです。

汚職の文章・例文

例文1.過去最大と思われる汚職事件に、国が大混乱に陥った
例文2.第三者の目による監査が入らず、汚職の温床となってしまっている
例文3.社長が退任後、数々の汚職の事実が明らかになった
例文4.汚職に対しては断固たる姿勢で対応する
例文5.汚職事件後、彼は辞職して悔い改め、地元で地道に活動を始めたそうだ
汚職は伝統やなれ合いの中に生まれやすいため、組織が腐らないような工夫が必要ですね。

汚職の会話例

  • 質問者アイコン

    あまりにも汚職事件のニュースが続いて、国民もあきれ返っていますね。

  • 回答者アイコン

    特に日本は、臭い物には蓋の国民性ですからね。大事になってから発覚するから、なおさら批判も浴びやすいんでしょう。

  • 質問者アイコン

    その企業を信頼していた人にとっては、相当な打撃でしょうね。

  • 回答者アイコン

    うちの会社も気をつけなければ。

ある会社の社員が汚職事件について話しているようです。問題がある 以上に、それを隠してしまうのがさらなる問題を生んでしまいますね。

汚職の類義語

汚職に 関連する言葉として「収賄」「贈賄」「 買収」などが挙げられます。ただし、これらの言葉は汚職の類義語というよりは内容です。類義語としては「不祥事」「スキャンダル」の方が近い意味を持っています。ただし、これらは社会的信頼を失わせることに変わりはありませんが、職権を利用していないという違いがあります。

汚職まとめ

ここまで「何をすると汚職になるのか」について見てきました。自分の立場を自覚し、決して自己のために利用しない潔白な姿勢がカギになりますね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事