比喩表現で例えば話をする

比喩(ひゆ)

物事を説明する際に「比喩」という言葉は大変重宝します。これを使う事で、難しい表現や分かり難いものでも容易に説明できるようになるからです。ですから今回はその「比喩」について解説するのは、少々複雑であり逆に難しいですが、丁寧で誰にでも分かるように努力致します。

比喩の意味とは

「比喩」の意味は以下の通りとなります。
(1)物事を説明や描写する際、相手の知っている物事や共通する点を使って表現し説明する事。例える事柄、例えられる事柄、例える行為の三者から成り立つ方法。
(2)ある物事を説明する際に、理解されやすいように別の物事を見立てた表現で、英語では「metaphor」(メタファー)と言い、ヨーロッパでは伝統的にこの様な表現を「レトリック」と総称される。
(3)「比喩」の一つで同義には「直喩」「隠喩」「換喩」などがあり、場合に応じて「比喩」を「譬喩」とも書き、「喩」と一文字にしても通じる。

「比喩」とは要するに、難しい物事は簡単に、単調や退屈な事ならより劇的や効果的に例える際に用いる方法です。例として、体が大きな友人を紹介する際に、プロレスラーやスポーツ選手の様に大きいとある種の誇張めいた表現を思わず使ってしまう時があります。この様に誰もが知っていてイメージしやすいものに例えてしまうのが、俗に言う「比喩」的な表現です。ですから、簡単なのですが、その例えが理解不能であったり難しい。また、単にその場で自分だけ理解できないと、無知をさらけ出す危険性も秘めています。さらに、お笑い芸人などは何かと「比喩」を良く使うので、そこから例えが上手いと頭の回転が速かったり、地頭が良いと思われる傾向もあります。しかし、実際には「比喩」的な表現も訓練や努力で身に付くので、計算が速いのと同じです。

比喩の由来

「比喩」は厳密には、シメリ(直喩)、メタファー(隠喩)、アレゴリー(諷喩)などの種類に分けられるが、その中のメタファー(metaphor)が日本だけでなく海外でも古くから歴史ある方法とされている。最古の文学作品と呼ばれる古代メソポタミア文明の「ギルガメシュ叙事詩」には、メタファーを使った表現がいくつも出ています。

比喩の文章・例文

例文1.気になる女性と会話をしようと、比喩的な表現を何度も使った日々が急に懐かしくなった。
例文2.CMや宣伝などは、自社商品を良く見せる比喩が良く使われている。
例文3.比喩とは単に例えるだけでなく、そこにちょっとした冗談を込めると、さらに場が盛り上がる。
例文4.人生は○○、結婚とは□□。この様な誰もが共感できるテーマを別な表現で説明するのが、比喩にはよくある方法だ。中でも、人生とは旅や冒険、結婚とは墓場は本当によくあるパターンだ。
例文5.比喩的な表現に拘りすぎると、物事の本質を失ってしまう。

「比喩」をどのように使うのかという文章例です。

比喩の会話例

  • 質問者アイコン

    飲み屋で皆が驚くような比喩を使うとカッコいいよね。

  • 回答者アイコン

    そうかなー。そういうものなの?

  • 質問者アイコン

    そうだよ。特に男にとっては、そこにいる女性に好感を持ってもらう為に大事なの。だから、何か教えてよー!

  • 回答者アイコン

    それを私に聞くの(笑)。というか、喩え何ていきなり思い浮かばないよ。そういうのは、映画や小説からパクるものだから、良い作品をどんどん見る事だね。

上手な「比喩」を使って女性からモテたいとする男性に対して、アドバイスを送る会話です。

比喩の類義語

「比喩」の類義語には、「メタファー」「言葉の綾」などの言葉が挙げられます。

比喩まとめ

「比喩」とは、物事を説明する際に誰もが知っている言葉などに置き換えて例える表現法です。難しい事柄なら分かり易く、また退屈な事柄なら面白くという感じで、会話や描写を相手などに理解してもらう為に古来から現在まで、国内外を問わずに使われている伝統的な方法です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事