今日も残業

残業(ざんぎょう)

会社勤めの人にとって、「残業」が当たり前のようにある会社、毎日残業でもはや残業の概念がない会社、本当に残業が全くない会社、様々あると思います。残業はしたい・したくないもあると思いますが、基本的に多少でもある会社が大半ではないでしょうか。これは日本人だからこのような考えですが、外国の人から見ればちょっと以上なくらいのようです。そこで「残業」とはそもそもどういったことを指すのかについて解説していきます。

残業の意味

残業というのは、規定の労働時間を超えて働くことを指す言葉です。というところまではわかると思いますが、問題なのは残業代のところです。残業には大きく分けて「法内残業」と「法定残業」の2つがあります。法内残業というのは、労働基準法で定められている1日8時間(週40時間)の範囲で、会社の所定労働時間を超える残業のことを指していて、これに関しては会社は割増賃金を払う必要はありません。そして、法定残業に関しては、労働基準法の範囲を超えている場合に、25%の割増賃金を払わなければならないというものです。ただし、法定残業に関しては適用する場合に会社と労働者の間で三六協定が締結されている必要があります。

残業の由来

残業という概念がいつから存在しているかは定かではありませんが、ワークライフバランスを意識する会社が増えてきたことで、残業を減らすという意識が日本でも生まれてきています。

残業の文章・例文

例文1.今日も残業だから、これで3週間毎日残業だ
例文2.今日も残業だから、家に帰るのは日付が変わる頃だな
例文3.もう少し全体的に残業を減らす取り組みをしていこう
例文4.毎週水曜日はノー残業デーだ
例文5.たまには残業せずに切り上げて飲みにいこう
残業に関連づいた言葉はたくさんあるので、例文ノー残業デーのような使い方もします。

残業の会話例

  • 質問者アイコン

    今日も定時で仕事が終わりそうにないから残業決定だ…

  • 回答者アイコン

    私もだよ。
    これで2週間連続かな。

  • 質問者アイコン

    毎日残業だと流石に答えるね。

  • 回答者アイコン

    明日こそは早めに終わらせて飲みに行こう!

オフィスではこのような会話は日常茶飯事な会社も多いのではないでしょうか。

残業の類義語

残業を違う言葉に置き換えるなら、「長時間労働」や「時間外労働」といった言葉でも表現することができます。

残業まとめ

少し上述させていただきましたが、現在の日本企業ではワークライフバランスに意識を置く傾向も出てきているため、月の残業時間が減少傾向にある企業も少なくありません。これは、過剰残業による退職からくる業務負荷や社内の国際化を意識してといった様々な要因があります。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事