武士道精神を体現した姿勢

武士道精神(ぶしどうせいしん)

武士道の精神と言ってもざっくりとはわかるけど具体的にどういうものなのかわからない人は多いのではないでしょうか。昔の人たちは武士道と共に育ち生きていたことで精神的に強いなと思う様なことがたくさんあり、文献などを見ても厳しい環境を生き抜くだけの精神力があったことは確かでしょう。皆さんもこれからの生活にも生かすことができるので少し学んでいきましょう。

[adstext]
[ads]

武士道精神の意味とは

武士道精神とはそもそも武士道という言葉の意味がわからなければならないですが、徳川家より昔の時代は戦争が多く内戦が激しい時期であったため、武士道というものに戦歴や武功、勇敢な働きが必要不可欠と考えられており、外的な結果を重んじる傾向にあったことがわかっています。しかしその後の徳川の時代では200年以上の間平和な時代が続いたため武士道の概念が外的な武功などではなく、内面的な信念として表す様になったのです。こうした傾向は、1642年に出版された「可笑記(かしょうき)」の武士道論で述べられています。この中で書かれた内容には武士道の定義として、「嘘をつかない」「軽薄でない」「こびない」「裏表なく」「貪欲でない」「礼儀正しく」「自慢しない」「驕らず」「人を避難せず」「忠実」「仲間と仲が良く」「小さいことを気にせず」「慈悲深く」「義理が強い」「命惜しまぬ事ばかりを良きとしない」などを挙げています。この様な人になりたいと今みても思いますよね。これらの武士道の考えを心に刻むことを武士道精神といいます。

武士道精神の由来

武士道について書かれた文献として新渡戸稲造の『武士道』が有名です。

武士道精神の文章・例文

例文1.武士道精神のある人は小さい頃から日本のお家芸をやっている人が多い。
例文2.武士道精神とは武士道を理解している人にか理解することは難しい。
例文3.昔の侍は皆武士道精神の塊だった。
例文4.武士道精神を極めた侍の顔つきは非常に強く美しい姿勢だ。
例文5.武士道精神の多くは徳川の平和な時代から始まったものが多い。
武士の精神をこれで少しは理解できたのではないでしょうか。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

武士道精神の会話例

  • 質問者アイコン

    日本の昔の武士たちの写真を見たんだけどどうしてあんなにかっこいいんだろう。

  • 回答者アイコン

    やっぱりイケメンが侍になることが多かったのかな?

  • 質問者アイコン

    いやそういうことじゃないんだよ、イケメンがどうこうじゃなくて、姿勢とか顔つきに自信とか信念の強さみたいな武士道精神が溢れ出ているんだよね。それがとてもカッコ良くて憧れるんだよね。

  • 回答者アイコン

    そういうことなんだ。私は面食いだから顔で判断しちゃうなー。

昔の武道の通づる人たちの写真はどれも本当のかっこいいんですよね。こういった武士道の精神を小さい頃から教え込まれているのがとてもよくわかりますね。

武士道精神の類義語

武士道精神の関連語は、「慈悲深い」「信念」「驕らず」「大和魂」などがあります。

武士道精神まとめ

この様に武士道精神には現代でも必要な考えや人間としてどうあるべきかなどが書かれていて、今の世の中に必要な考えが詰まっていると思います。教育機関にももっと根付いていって、子供たちが武士道の本質や考えを学んでで行くことでより良くなっって行くと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事