槿花一日の栄(きんかいちじつのえい)

「槿花一日の栄」とは「萎むのが早いムクゲの花から、人の栄華は短く儚い喩え」です。どんなに成功を収めた人でも人生は80年程度、若さは20代までと決まっています。そして大半の人は成功をする事がなく終わってしまう人生の虚しさや現実を込めた言葉が「槿花一日の栄」なのです。ですから類似の言葉も非常に多く、今でも大勢の心に響くものがあるのでしょう。それでは解説に入らせて頂きます。

[adstext]
[ads]

槿花一日の栄の意味とは

「槿花一日の栄」の意味は以下の通りとなります。
(1)栄華の儚い喩え。
(2)権力や財力を握り栄えるのは一瞬であっという間という事。
(3)ムクゲの花は朝開いても夕方には萎むので、転じて、人の華やかな時も短くて儚いもの。
(4)「一炊の夢」「槿花一朝の夢」「槿花一朝」も同義。
”槿花”は「ムクゲの花」「アサガオの花」、”一日の栄”は「一日だけの栄華」「一日で終わる栄華」で、「人生は儚い」という喩えが「槿花一日の栄」です。”槿花”は中国ではムクゲですが日本ではアサガオの事で、夏から秋にかけて朝になると花を開かせるが夕方には萎んでしまいます。そこから、どんなに栄華を極めても所詮は人の一生は短く永遠には続かないのです。人生とは失敗や挫折をする人の方が圧倒的に多く、仮に成功をしても継続するのはとても難しいです。そんな事から「槿花一日の栄」は人々の心に訴える諺となっていて、現在は様々な場面でのややネガティブな表現として使われています。

槿花一日の栄の由来

「槿花一日の栄」の由来は、中国唐時代の漢詩人・白居易の詩「放言」です。

槿花一日の栄の文章・例文

例文1.看護師の姉はストレスが溜まるとホストクラブで発散するようだが、本人は槿花一日の栄と分別がついていると言っているが、この前は両親からお金を借りようとしていたので本気で熱を入れているのは明らかで心配だ。
例文2.スポ―ツの世界でも連覇をするのは本当に大変で、そこからも槿花一日の栄という言葉の重みを感じる。
例文3.若い時はあっという間で楽しい時もあっという間。老いてくると槿花一日の栄が骨身に沁みて、残された時間をカウントダウンしている。
例文4.昨年までリッチで散財するキャラとしてテレビ番組で大活躍していたタレントが急に姿を見せなくなり、気が付いたら転落や借金タレントになっていると改めて槿花一日の栄や栄華盛衰と思ってしまう世界だ。
例文5.何も良い事がなかった人生だが、最後の瞬間には人並みに槿花一日の栄と思うのか、それとも最初から負けていたので何も感じないのか今は分からない。
人生は儚いとして「槿花一日の栄」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

槿花一日の栄の会話例

  • 質問者アイコン

    親戚の伯母さんが入院しているから、明日見舞いに行こうと思っているんだけど、予定大丈夫? 一緒に行ける?

  • 回答者アイコン

    もしかして、結婚式で豪快にカラオケを熱唱してくれた伯母さんだよね。入院していたの知らなかったよ。

  • 質問者アイコン

    伯母さんは独身だから、心配を掛けたくないからって家の両親にも連絡をしてなかったみたいで。それにしても女性社長として成功をしても、その後は倒産したり病気になったりと波瀾万丈な生き方だよ。

  • 回答者アイコン

    行動力があってアイディアも豊富な人だって言っていたよね。なんだか、槿花一日の栄という言葉を思い出しちゃったわ。

親戚の伯母さんが入院し感傷的な気分になる夫婦の会話です。

槿花一日の栄の類義語

「槿花一日の栄」の類義語には、「朝顔の花一時」「花一時人一盛り」「一時の仇花」「花は移ろい月は傾く世の習い」などの言葉が挙げられます。

槿花一日の栄の対義語

「槿花一日の栄」の対義語は厳密にはありませんが、栄光や栄華を極めるのは「黄金時代」「栄耀栄華」などの言葉が挙げられます。

槿花一日の栄まとめ

「槿花一日の栄」は夕方には萎んでしまうムクゲの花(アサガオ)から、栄華は儚くて短い喩えとなります。人の生涯は長いようで短く、特に良い時はあっという間に終わってしまうもので、そんな儚さや長続きはしない教えとなるのが「槿花一日の栄」です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事