楽天家の考え方

楽天家(らくてんか、optimist)

明るい人やポジティブ思考な人に出会うと、思わず「楽天家ですね」と声を掛けたくなりますよね。また、成功者などにも多い感じがする言葉でもあります。前向きな態度や思考には、良い結果が反映されそうですよね。それでは、「楽天家」について調べてみました。

楽天家の意味とは

「楽天家」の意味は以下の通りとなります。
(1)物事を楽天的に考える、捉える人。楽天的な人。呑気な人。
(2)”楽天”には、自分の運命や境遇を受け入れて物事をあくせくしない、人生を楽観するという意味があるので、このような人が楽天家。
(3)英語表記は「optimist」(オプチミスト)。
最近では「楽天」や「楽天家」という言葉には、インターネット企業というイメージが強いですが、そもそもは社名を付ける際に「楽市楽座」や「楽天」という明るく前向きな事を社風としたのが由来となります。本題の「楽天家」ですが、端的に言うならポジティブや落ち込まない、前向きなどの意味が相応しい言葉です。一方で、呑気な人や人生を楽観、物事をあくせくしないという意味もあるので、マイペースや個人主義的な意味合いもありそうです。ですから、皮肉や斜めから見ると、必ずしも「楽天家」やその性格が社会や人間関係に受け入れられるとは言えず、逆に現代社会では浮いてしまう可能性も秘めているのが、本来の「楽天家」となりそうです。さらに、明るい人や前向きな人は多いですが、何度も失敗したり目標を見失っても、「楽天」でいられるのが本当の意味での「楽天家」ではないでしょうか。

楽天家の由来

「楽天家」の英語表記は「optimist」で、”楽天主義”や”楽観主義”とも呼びます。世界的に見ると、元々は19世紀半ばに起こったアメリカの「ポジティブシンキング」(積極思考)が始まりとされます。これはキリスト教の新しい潮流「ニューソート」で、聖書の教えと宇宙的な捉え方を結びつけたもので、従来のキリスト教に不満を抱えた人に受け入れられ、これが次第に中小企業経営者にも広まり、最終的にはイギリスでは成功哲学としてのポジティブシンキングへと変わっていきます。

楽天家の文章・例文

例文1.家族全員が明るい楽天家だが、葬式でも普段通り明るいのは如何なものかと心配してしまう。
例文2.楽天家の方が成功しやすいイメージがあるが、実際には心配性であったりネガティブ思考でも成功するケースは多い。
例文3.子供の頃は楽天家でも、大人になると途端に暗くなるのが日本人に多いパターンだ。
例文4.楽天家と自負していたが、営業成績が何か月も振るわずに叱責ばかり受けた時は、落ち込みが酷かった。
例文5.楽天家の中にも、他人には厳しい楽天性格の持ち主もいる。因みにそれは、私の事だ。

「楽天家」を使った典型的な例文パターンです。

楽天家の会話例

  • 質問者アイコン

    楽天家と悲観的な人がいれば、どちらがモテると思います?

  • 回答者アイコン

    それは絶対に楽天家の方がいいけど、程度にもよるよね。

  • 質問者アイコン

    そうですよね。最近は俺もそう思うんですよ。だって、普通に考えると楽天家の方が絶対にいいじゃないですか? でも、社会には圧倒的に悲観っぽい人が多いですよね。明るい人など滅諦にいないです。

  • 回答者アイコン

    だから、楽天家がモテるとも言えるけど…。確かに、朝夕の電車内などはゾンビのような表情をしているよね。あれこそ、インスタグラムとかに投稿するべきだよね。

「楽天家」の方が絶対にモテるはずなのに、社会には少ないという会話です。

楽天家の類義語

「楽天家」の類義語には、「楽観的」「能天気」「享楽的」などの言葉が挙げられます。

楽天家まとめ

「楽天家」とは、前向きな思考で人生を楽観や呑気な人などの意味があります。基本的にはポジティブな意味で使われ、特に起業などをして人生で成功している「楽天家」や「楽天的」な性格の持ち主に憧れを抱く人も多い者です。一方、「楽天家」でも物事が上手くいくとは限らず、特に現在のような個性が発揮し辛い閉鎖的な社会では、周囲から浮いてしまう可能性も高いです。しかし、本当の「楽天家」とは、その様な環境でも前向きに過ごせてしまうものです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事