咲き誇る桜

春分の日(しゅんぶんのひ)

日本の祝日について深く考えた事はありますか?誰もが日常的に聞く言葉ですが、どんな意味や由来があるのか説明できる人は多くはないのではないでしょうか。「春分の日」は日本の代表する祝日の一つです。今回はそんな「春分の日」の意味や例文などを詳しく解説していきます。

春分の日の意味とは

「春分の日」とは、二十四気の一つで1年の内に昼と夜の長さの等しい日が春・秋二回ありそのうちの陽暦三月二十一日ごろのことを指します。

春分の日の由来

日本の国民の祝日の一つです。「春分の日」は春分に当たり,自然をたたえ,生物をいつくしむ趣旨で休日として定められています。四季をもっと細かくしたものを二十四節気といい元々は中国から使われていたものです。日本で取り入れられたのは、江戸時代頃で二十四節気の中で4番目の春分ですが、春分はその中のひとつです。

春分の日の文章・例文

例文1.春分の日は3月21日に固定されており、天文学上の春分を含む日とは一致しない場合があります。
例文2.春分の日は春分が起こる日である。
例文3.春分を含む日には、太陽は真東から上り真西に沈む。
例文4.春分の日の昼の長さは約12時間7分、夜の長さは約11時間53分です。
例文5.春分の日には春季皇霊祭が行われる。
「春分の日」に関する一般的な例文です。
春分の日について知る事で日本の文化についての知る事ができます。次に会話例を見てみましょう。

春分の日の会話例

  • 質問者アイコン

    春分の日、私休みだけど〇〇さんはお休み〜?

  • 回答者アイコン

    私もお休みだよ〜。どこかに出掛けにいきたいね〜!

  • 質問者アイコン

    そうだね。なら近くのショッピングモールにでも出掛けに行こうよ。

  • 回答者アイコン

    いいね!なら詳しくはまた連絡するね〜。

「春分の日」に関する一般的な会話です。「春分の日」は法律で祝日に指定している為お出掛けの予定を立てる際に使われる方も多いのではないでしょうか。

春分の日の類義語

「春分の日」の類義語には「秋分の日」が挙げられます。

春分の日まとめ

どの様な場面で「春分の日」を使用し、どんな意味や由来があるのかお分かり頂けたでしょうか?日本には夜の長さの等しい日が春・秋二回あり「春分の日」はその一つです。また「春分の日」にはぼた餅を食べる事が多く、お供えした時に家族で一緒に食べていたのが、現代まで風習として伝わったと言われています。「春分の日」には春季皇霊祭が行われていますので、もしお出掛けの予定にお困りでしたら是非一度参加してみてはいかがでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事