日本標準産業分類(にほんひょうじゅんさんぎょうぶんるい)

「日本標準産業分類」とは「日本国内の産業を表示する統計基準」です。国民の職業を活動別に分類したもので、時代に応じて主要となる産業は変化をするので実は大変重要な統計なのです。日本の場合は卸売業・小売業の就業者が最も多く、次は製造業やサービス業となります。このような内訳も「日本標準産業分類」によって知る事ができます。それでは解説に入らせて頂きます。

[adstext]
[ads]

日本標準産業分類の意味とは

「日本標準産業分類」の意味は以下の通りとなります。
(1)統計調査の結果を産業別に表示する際の統計基準。
(2)産業構造を把握する為に農業・建設業・製造業・医療・教育などの活動をさらに大分類・中分類・小分類・細分類と4段階に分類したもの。
”日本”は「東アジアに位置する日本列島からなる国家」「我が国の国号」、”標準”は「行動の目安となるもの」「平均的」「平気的な度合い」「並み」、”産業分類”は「一国の産業構造の変化を把握する目的で各種産業を同質グループで分類するもの」「職業的活動の分類」で、20世紀半ばに成立して現在も用いられている産業分類が「日本標準産業分類」です。平たく言えば、農業や製造業などに就いている国民の仕事を調査する為の統計で、現在や過去の産業推移を判断する材料となります。具体的には、「日本標準産業分類」は農業・建設業・製造業・卸売業・小売業・金融業・医療・福祉・教育・宗教・公務などの経済活動を大分類・中分類・小分類・細分類と4段階に分け、より密に日本の産業を分析しています。

日本標準産業分類の由来

「日本標準産業分類」は総務省が1949年に導入開始し、その後は時代に合わせて数年から5年に一度の割合で改定が行われ現在に至ります。

日本標準産業分類の文章・例文

例文1.日本標準産業分類によって日本の産業構造の推移が分かる。
例文2.第一次産業や第二次産業といった分類をさらに細かくしたのが日本標準産業分類である。
例文3.総務省に入って日本標準産業分類の仕事に関わるのが夢である。
例文4.日本標準産業分類から日本の経済活動を垣間見る。
例文5.政府による統計が日本標準産業分類で、今ではネットから簡単に検索をして情報入手が出来てしまう。
「日本標準産業分類」の解説めいた例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

日本標準産業分類の会話例

  • 質問者アイコン

    今度、転職をしようと思っているんだよ。

  • 回答者アイコン

    また転職をするの? 今度は何?

  • 質問者アイコン

    もう色んな仕事に就いたから、次は日本標準産業分類にも載っていないようなマニアックな仕事にするつもりだよ。

  • 回答者アイコン

    それって裏稼業じゃないの? ニュースに登場するのはダメよ。

転職ばかりの男性を心配する知人女性という内容です。

日本標準産業分類の類義語

「日本標準産業分類」の類義語には、「クラークの産業分類」「職業分類」「日本標準職業分類」などの言葉が挙げられます。

日本標準産業分類まとめ

「日本標準産業分類」は総務省による産業構造を調べる為の統計です。様々な職種を産業別にしてまとめると、日本の職業構造の推移などが一目瞭然となり今後の変化予測などの分析も可能になります。例えば製造業だけでも食料・飲料・印刷・化学などいくつにも分類し、詳細な分類をする事で正確な産業分類を可能にしています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事