既得権益を利用しているとしか思えない

既得権益(きとくけんえき)

社益とは言えません。会的集団(国や地域・組織)が過去の経緯や慣習、法的根拠より維持している権利と利益のことです。ここでの利益は権利に付随するものが前提であるので、利益だけでは既得権

[adstext]
[ads]

既得権益の意味とは

歴史的経緯により維持している権益のことです。集団や団体を示している場合が多いです。

既得権益の由来

既得権益の「既得」は以前から自分のものになっているものを表しており、「権益」は権利とそれに付随する利益のことを指しています。これらの言葉が合わさって既得権益が成り立っています。

既得権益の文章・例文

例文1.歴史的経緯によりその団体に所属すればある程度の既得権益があるので、物事を効率よく進めることができるだろう。
例文2.既得権益を優先するあまり、政策に支障が出てきてしまうのはあまりよいとは言えないだろう。
例文3.最小限の努力でそこそこの利益を得るために既得権益がある団体に参加する。
例文4.世代を越えた格差が埋まらないのに既得権益の存在があるとしたら社会の在り方を見直す必要があるかもしれない。
例文5.これまでの行いの結果として権利と利益を手に入れたのにも関わらず、既得権益と一括りにするのはあまりよいことではないだろう。
これらから既得権益という言葉は利益、権利を持っているものを対象として使われることが多いです。特に社会的団体、集団に使われることが多いので覚えておくと使うときに役にたつかもしれません。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

既得権益の会話例

  • 質問者アイコン

    既得権益によって資金が足りず、思うように物事が進められないなんてことやっぱりあるのかな。

  • 回答者アイコン

    あるんじゃないかな。権利があれば、容易に利益を生むことができる団体もあるだろうね。それは政党にも言えるかもしれないね。

  • 質問者アイコン

    そうだよね。政策は党利党略であることから過去の経緯などで利益を生みやすい環境ってこともあるんだよね。

  • 回答者アイコン

    もし、既得権益を優先するばかりに政策に民意があまり反映されていなかったら、困るけどね。

既得権益は政治について言及するときにも使われることがある言葉です。覚えておくとよいでしょう。

既得権益の類義語

既得権益の類義語には、「利権集団」「特権階級」「権益団体」「私腹をこやす」「排他的」「保守的」「既得権」などがあります。

既得権益まとめ

しばしば、ニュースとして既得権益が生み出す社会的問題が取り上げられることがあります。そんな身近にある問題の理解するうえで既得権益は知っておくべき言葉でしょう。意味、使い方を覚えておいて意味を瞬時に理解できるようにしておくとよいでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事