旗幟鮮明な判断をするリーダーだ

旗幟鮮明(きしせんめい)

何か物事に関する考えたを求められたときにあなたは自分の意見を主張しますか。それとも集団の意見に合わせて差し障りのない回答をしますか。人によっては主義主張をはっきりする人もいれば曖昧にする人もいると思います。そんな主義主張を明確にする人を表す言葉として旗幟鮮明という言葉があります。今回は、旗幟鮮明について意味、由来、例文などを紹介していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

旗幟鮮明の意味とは

旗幟鮮明とは主義主張、態度がはっきりとしている意味です。リーダー気質のある人や我が強い人などに言える言葉です。

旗幟鮮明の由来

旗幟鮮明は、旗じるしが鮮やかであるさまに由来していると言われています。そのことから転じて主張がはっきりしているという言葉として使われるようなったと言われています。

旗幟鮮明の文章・例文

例文1.グループのリーダーが旗幟鮮明な判断をしてくれて滞りなく活動に専念することができる。
例文2.旗幟鮮明でない彼は人間関係を良好に築くことがとても上手である。
例文3.何か集団で物事を決める際には優柔不断であるより旗幟鮮明である方が好まれる。
例文4.旗幟鮮明な武将の活躍により戦に勝利する。
例文5.裏表がなく旗幟鮮明としている彼は周りからとても信頼されている。
これらから旗幟鮮明は、主張がはっきりとしており堂々としてさまを表すのには適していることがわかります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

旗幟鮮明の会話例

  • 質問者アイコン

    そういえば昨日の地域での奉仕活動について話し合いは進んだのかい?

  • 回答者アイコン

    うん。議長が旗幟鮮明で話しの論点がずれることなく円滑に話しが進んだよ。

  • 質問者アイコン

    それはよかったね。活動には僕も参加する予定なんだ。

  • 回答者アイコン

    それは嬉しいよ。活動は来週から行うことになったからその時はよろしくね。

このように旗幟鮮明は、態度が明確である人のさまを表す言葉であり、話し合いや決断が求められる場面を表現する言葉として使われることがあります。

旗幟鮮明の類義語

旗幟鮮明の類義語には、「一目瞭然」「灼然炳乎」「明明白白」などがあります。

旗幟鮮明まとめ

旗幟鮮明という言葉はビジネスシーンでも使うことができる言葉なのでぜひ意味を覚えておくとよいでしょう。旗幟鮮明であることは多くの場合で好まれますが、主義主張が強すぎたり、周りの人の意見を聞いたり優先することができなかったりするとよい印象をもたれないこともあるので気を付けるようにしましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事