新型肺炎の診断が下された

新型肺炎(しんがたはいえん)

新型コロナウイルスや新型肺炎に関する話題では持ちきりとなっています。新型肺炎と言ったり新型コロナウイルスと言ったり、伝える人によって言い方(書き方)が違うのでどれが正しいのかわからないという方ももしかしたらいるかもしれません。
今回は新型肺炎について解説をしていきます。

新型肺炎の意味

今まで認知されていた6種類のコロナウイルスとは違う、新しい「新型コロナウイルス」というウイルスが原因で起こる肺炎のことを「新型肺炎」と言います。
症状は主に発熱や咳などの肺炎特有の症状で、呼吸困難や下痢、吐き気、頭痛などの消化器系や神経系の症状が出ることもあり、中には無症状感染者と呼ばれる、新型コロナウイルスが原因の肺炎であったにも関わらず症状が出ていない患者がいると英医学誌で発表されています。
感染者の中でも高齢であったり白血病や内臓などに疾患がある免疫力の低い方は重症化する恐れがあると言われています。

新型肺炎の由来

発生源は武漢の生鮮市場で売られていた食品として売られていた動物とされていましたが、112種類も売買されていたため感染源は判明していません。
新型肺炎は症状の出ていない潜伏期間であっても感染するとされていて、そのためか感染者はどんどん増えていき、2020年1月27日現在で中国だけでも35万人、日本では4人感染者が出ています。

新型肺炎の文章・例文

例文1.新型肺炎に感染してないか心配だと病院に行く人が多くなっている
例文2.中国で新型肺炎の感染者は35万人を超えている
例文3.すぐに治る程度であればいいが重症になる可能性が高いのならば新型肺炎にはかかりたくないと思う
例文4.新型肺炎での死亡者や終章者は高齢の人に多い
例文5.弟は心臓の疾患があるから新型肺炎にかかったら命に関わるかもしれない
新型肺炎に関する文の例になります。

新型肺炎の会話例

  • 質問者アイコン

    今僕の病院でも新型肺炎なのかインフルエンザなのかそれともなんともないのか心配で診察をする患者で溢れているよ

  • 回答者アイコン

    私のところもそうよ。あんまり人が多いと待合室で感染しちゃったり、風邪とか別の感染症にかからないか心配になるよね

  • 質問者アイコン

    まあでも少しでも安心できるなら丁寧に診察するのが医者としての役割だよね

  • 回答者アイコン

    そうね、疲れるけどそんなの患者にとっては関係ないことだものね

どこの病院も新型肺炎を気にする患者が多いようです。

新型肺炎の関連語

新型肺炎の関連語には「新型コロナウイルス」「SARS」「MARS」「感染症」「肺炎」が挙げられます。

新型肺炎まとめ

感染者は増す一方で、重傷者、死亡者も多数出てしまっているために中国だけでなく日本などでも不安になり診察を受ける人はとても多いようです。ただ厚生労働省のホームページより新型肺炎に関する項目にて、国民宛のメッセージには以下のように書かれています。
「新型コロナウイルス感染症の現状からは、中国国内では人から人への感染は認められるものの、我が国では人から人への持続的感染は認められていません。
国民の皆様におかれては、過剰に心配することなく、季節性インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの感染症対策に努めていただくようお願いいたします。」
病院の方でも検査キットがなかったり、診察までに時間がかかってしまうので、まずは保健所に連絡を入れ指示を仰ぐのが一番確実だと思います。それ以前に通常の風邪やインフルエンザと同様にマスクをしたり手洗い、うがいをするなどでも十分に予防できるのでしっかりと対策をしてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事