断続的な雨

断続的(だんぞくてき)

断続的という言葉は「だんぞくてき」と読みます。普段の生活で使うには硬い言葉ですが、ニュース番組や天気予報では頻繁に使う言葉なのでしっかりと理解しておくと便利です。この言葉を知らないと一般的には恥ずかしいことになってしまうので是非この言葉を覚えて勉強しましょう。それではどういった意味なのか見ていきましょう。

[adstext]
[ads]

断続的の意味とは

断続的とは、物事が続いたり途切れたりすることを意味します。ニュアンスとしては途切れながらも続いている状態です。使うとこたが多い場面で言うと雨が降ったり止んだりしている状態のことを断続的に降る雨と言います。この言葉からも言葉の意味はわかると思います。類義語としては間欠的という言葉があります。こちらも途切れ途切れという意味があります。連続的という言葉がありますが、物事が途切れることなく続くことを意味し、この言葉が対義語になります。断続的という言葉は、語彙力をアップさせたい人などにはおすすめの言葉です。

断続的の由来

断続的の由来は、「断つ」という物事を切る意味を持つ漢字と、「続」という続く、連なっていることを表す漢字が合わさって、途切れながら続いている状態を表す言葉になりました。

断続的の文章・例文

例文1.今日は断続的な雨が降る天気になるでしょう。
例文2.断続的にインスタグラムにいいねが来ている状態だ。
例文3.断続的に頭の中で痛みがくる。
例文4.断続的に飛行機は家の上を通過していく。
例文5.でも行進は断続的通り過ぎていった。
少し硬い言い方にはなるものの簡潔に状態や状況を示すことができますね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

断続的の会話例

  • 質問者アイコン

    今日の天気予報見た?一日中断続的な雨が降るだろうってさ。

  • 回答者アイコン

    そうらしいね、ちゃんと傘は持ってきた?

  • 質問者アイコン

    うん持って来てるよ!今日忘れたら大変だよ。

  • 回答者アイコン

    そうだね、断続的に降るみたいだからずっと降り続けるわけじゃないけどね。

天気予報をチェックしておく事で雨に濡れる心配もなくなりますから、そういった備えは大事ですね。

断続的の類義語

断続的の類義語には、「間欠的」「途切れ途切れ」などがあります。対義語には「連続的」があります。

断続的まとめ

このように途切れ途切れに続くという意味を簡潔に伝えられる言葉が「断続的」であるということがわかったと思います。今後はニュースなどでもこの言葉がでた場合はしっかりと意味を理解することができますね。便利な言葉であり、語彙力向上にも繋がるのでこの言葉を覚えておくといいでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事