電話で話を捏造する女性

捏造(ねつぞう)

過去の話や写真、動画などでよく使われる言葉のように感じられます。今ではパソコンやスマホの性能が上がり画像の加工技術などが上がっているためにスキャンダルなどが簡単に嘘の情報を流せてしまいます。海外などでよくあるフェイクニュースも捏造して広められているものです。
具体的に捏造とはどういうものなのか解説していきたいと思います。

捏造の意味

でっち上げること。実際にはない嘘をまるで本当であることかのように作り上げることを意味しています。

捏造の由来

「捏ねる(こねる)」という漢字は水などを加えた土を練ることをいい、「捏造」はもともと「土をこねて形を造る」という意味でしたそれが「形だけの偽物を造る」という風に意味が変わり、「無いものを造る」「嘘を本当のことのように作り上げる」という意味の言葉に変わっていったそうです。
ちなみに今ではねつと読まれますが昔はでつと読まれていました。その読み方が「でっちあげる」の語源とされています。

捏造の文章・例文

例文1.合成で捏造したスクープ写真がSNSで人気になった
例文2.知り合った人の話が捏造だと気づかずに信じた結果詐欺まがいのことをされた
例文3.有名人の過去の話が捏造だったなんてよくある話だ
例文4.ホラー番組はどうせ捏造だと弟は強がって涙目になりながら見ている
例文5.僕は海外の捏造されている報道に気づかずしばらく信じていた
捏造という言葉を使った例文はこのようになります

捏造の会話例

  • 質問者アイコン

    最最近売れてるこの女優、昔クラスの女子たちにいじめられてたらしいよ、可愛いからって酷いことするんだな

  • 回答者アイコン

    それ私も見たけど酷いわよね
    その話は売れるための捏造よ。クラスにいじめなんてなかったもの

  • 質問者アイコン

    え、そうなの!?てかそれどこ情報?

  • 回答者アイコン

    同じクラスだったけど本当に仲のいいクラスだったよ

捏造という言葉を使った会話文になります。

捏造の類義語

捏造の類義語には「偽作」や「偽造」「嘘」「作り話」など偽ることをさす言葉が多くあげられます。

捏造まとめ

嘘の話をさも本当にあったかのことのように話を造る、写真など合成して本当に起きた出来事のようにする、データを改ざん、捏造して新たな発見のように語り費用を得るなんてこと案外世の中に多く存在しています。ネットの情報に踊らされたり犯罪の被害に遭わないように注意深く相手の話聞くもしくは聞かないことが大切です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事