仕事の量が多く持て余してしまう男性

持て余す(もてあます)

出自粛生活で暇を持て余している人はいませんか。そんな方は是非最後まで見ていってください。今回は、「暇を持て余す」という表現の中にもある、「持て余す」という言葉について詳しく解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

持て余すの意味とは

「持て余す」は、扱いに困ることや手に負えない様子を表します。よく言われる、「暇を持て余す」というのは前者の意味で使われており、「時間がありすぎてどうすればいいのか分からない」という意味で使われます。

持て余すの由来

「持て余す」は、多すぎて扱いきれないことを意味する「手に余る」という言葉から派生してできた言葉だと言われています。

持て余すの文章・例文

例文1.暇を持て余した彼は突然旅にでた。
例文2.彼は自分の能力を持て余している。
例文3.最近のスマホは機能が多すぎて持て余してしまう。
例文4.食材を持て余して、結局廃棄する。
例文5.時間を持て余すほど時間があることは非常に羨ましい。
暇を持て余すとは言いますが、そんなにやることがない人っているんですかね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

持て余すの会話例

  • 質問者アイコン

    暇を持て余してるんだけど、何か時間を潰すいいアイデアない?

  • 回答者アイコン

    少しぐらいは受験勉強すればいいんじゃないかな。

  • 質問者アイコン

    それは遠慮するよ。学校の授業が再開してからで間に合うと思うし。

  • 回答者アイコン

    暇な時に勉強しないのに、忙しい時に勉強するわけがないんだから、今のうちにやっときな。

自粛期間にダラダラ過ごしている人は本当にもったいないですね。こんなに時間に余裕があることは滅多にありませんよ。

持て余すの類義語

「持て余す」の類義語には、「手に余る」や「手を焼く」などが挙げられます。

持て余すまとめ

今回は、「扱いに困り手に負えないこと」を表す「持て余す」という言葉について解説しました。今は暇を持て余している人でも、また以前の忙しい日々がいつかは戻ってきます。その時にまたこれまで通りの自分で再スタートするのか、レベルアップした自分で再スタートするかは、この自粛期間にどう過ごすかで変わってくるはずです。何か小さなことでもいいので、この機会に初めて見てはいかがでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事